Web制作会社 THINkBALがデジタル全般の情報をお届けするデジタルマガジンです。東京と埼玉を拠点としたWeb制作会社|株式会社THINkBAL
コンテンツマーケティング
Update: 2024/5/18

少人数でも成功|コンテンツマーケティングの体制設計

コンテンツマーケティングの施策を取り入れようと考えているけど、どのような体制で進めれば良いのだろうとわからない方も多いのではないでしょうか。

  • これからコンテンツを制作しようと考えている企業
  • コンテンツマーケティングに取り組みたいが、方法がわからない企業
  • 一般的なコンテンツマーケティングの体制について知りたい人

コストを抑えながらコンテンツマーケティングの成果を最大化するには、自社でおこなうべき業務と外部に任せるべき業務を見極めることが大切です。

この記事では、コンテンツマーケティングの基本的な体制や、外部パートナーと判走する際のポイントなどを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

コンテンツ制作のプロが貴社のお悩みを解決します! データ分析、UX/UI設計に基づく戦略とデザインで伝えたい価値を伝わるカタチに。 ビジネス成果に貢献するWebサイト制作・構築を提供します。
\まずは無料相談!2営業日以内に返信/
コンテンツ制作・改善を相談する

基本的なコンテンツマーケティングの体制

コンテンツマーケティングは、現代のデジタルマーケティング戦略の中心となっています。コンテンツマーケティング戦略を展開するためには、組織内での体制作りが非常に重要です。

内製化するか外部に委託するかによって体制は大きく異なりますが、いずれにしても戦略的な計画と継続的な実行が求められます。ここからは、コンテンツマーケティングをおこなう際の基本的な体制や運用のポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

内製の場合

コンテンツマーケティングを内製でおこなう場合、その体制は組織の規模やリソース、戦略的な目標によって大きく変わりますが、いくつかの共通点があります。

初めに、明確な戦略と計画を立てることが重要です。まずは、ターゲットユーザーの理解、コンテンツの目的、配信するプラットフォームの選定をおこないましょう。その次に、効果的なコンテンツを企画・制作するためのチームを作ります。

チームの体制としては、

  • コンテンツライター
  • 編集者
  • デザイナー
  • エンジニア
  • SEOer

など、さまざまな専門スキルを持つメンバーが必要となります。コンテンツマーケティングを内製化する最大の利点は、サービスや商品の価値を深く理解したうえで、一貫性のあるコンテンツを迅速に制作できる点にあります。

しかし、上記のように多様なスキルが必要とされるため、適切な人材の確保と育成が大切です。

外注パートナーと組み合わせの場合

コンテンツマーケティングを外注パートナーと組み合わせておこなう場合、内製の柔軟性と外部の専門性をバランス良く活用することが大切でしょう。

この体制では、企画や戦略立案は社内でおこない、コンテンツの制作や一部の専門的な作業を外部のパートナーに依頼することが最適案となります。

外注パートナーへの依頼例
  • SEOコンサルティング
  • 専門ライターによる執筆
  • 編集者によるプロの校正校閲
  • 効果検証レポートの作成

外注パートナーを選定する際は、業界知識、制作能力、過去の実績をしっかりと評価し、自社の伝えたいメッセージや価値観と合致するかを確認しましょう。

また、コミュニケーションの取り組み方を明確にし、ミーティングで進捗や品質のチェックを定期的におこなう体制を整えることが大切です。これにより、社内外のリソースを最適に活用し、効率の良いコンテンツマーケティングの運用を実現できます。

チェックのみで制作は外注パートナーに丸投げの場合

コンテンツ制作を外注パートナーに完全に依頼し、社内での役割を品質管理や最終チェックに限定する体制のパターンもあります。

この場合、コンテンツの品質を保持するために、外注パートナーとの密接なコミュニケーションが必要不可欠です。外注する際には、明確なガイドラインや品質基準を事前に共有し、定期的なレビューをおこなうことで、外注パートナーが品質の高いコンテンツを制作できるように支援します。

また、社内でSEOの専門知識を持つ人がコンテンツをチェックすることも重要です。コンテンツを完全に外注する体制では、コスト削減や効率化が期待できますが、パートナー選びと品質管理には特に注意を払う必要があります。

コンテンツマーケティングはどの体制が一番成果が出る?

コンテンツマーケティングを成功させるには、適切な運用体制を整えることが大切です。豊富な人材や潤沢な資金のある一部の企業にとっては、完全な内製化が理想的かもしれません。

しかし、そうでない他の企業では外注パートナーとの協力が必要になる場合がほとんどです。社内と外注パートナーを組み合わせた最適な体制を見極め、効果的に運用することで、コンテンツマーケティングを成功に導くことができるでしょう。

専門分野で外注先と社内とを手分けをする

コンテンツマーケティングにおいて最大の成果を出すためには、社内のリソースと外部の専門知識を上手く組み合わせるアプローチが有効的です。

たとえば、社内では事業の理念やサービスの価値を深く理解しているため、大まかなメディアの方向性に関する決定をおこないます。そのほかの専門分野では、その領域に特化した外部の専門家や支援会社に依頼することで、質の高いコンテンツを効率的に生産することが可能です。

このようにして、社内の強みと外部の専門知識を組み合わせることで、コスト効率良く、かつ戦略的にコンテンツマーケティングを進めることができます。→THINkBALのコンテンツマーケティング支援

社内でやりたいことと外注に任せたいもの

コンテンツマーケティングを効果的に進めるためには、社内でおこなうべき業務と外注に任せるべき業務を明確に区分することが重要です。社内では、事業やサービスのメッセージの統一性を保てるようコンテンツの企画や編集作業をメインにおこないます。

また、他の業務として、顧客との直接的なコミュニケーションを通じて得られる貴重なフィードバックやインサイトをコンテンツに活かすことも大切です。

一方で、特定のスキルを要するデザインやライティング、SEO対策などは、専門知識を持つ外部の支援会社やフリーランサーに依頼するほうが効率的でしょう。このように各々が得意とする領域に役割を分担することで、高品質なコンテンツを制作し、効果的にマーケティングをおこなうことができます。

コンテンツマーケティングの体制は改善を繰り返していく

コンテンツマーケティングにおいては、始めから完璧な体制を整えることは難しいです。市場の変化、消費者ニーズの変化、そして技術の進歩により、常に新しい課題が生まれます。

これらの変化に柔軟に対応し、運用体制を継続的に見直し、改善を繰り返していくことが重要です。このプロセスを通じて、より効果的なコンテンツマーケティングの実施が可能となり、企業の目標達成に近づくことができるでしょう。

最初から完璧なチーム体制は望まない

コンテンツマーケティングを始める際、最初から完璧なチーム体制を望むことは現実的ではありません。重要なのは、現在のリソースと能力を最大限に活用し、小さな成功を積み重ねていくことです。

初期段階では、チームメンバー各自が複数の役割を担いながら、徐々に体制を強化していくことが一般的です。また、失敗を恐れずに新しいアイデアや戦略を試し、その結果から学び、改善を重ねることが成長につながります。

時間をかけてチームの専門性を深め、効率的な作業フローを確立していくことで、より大きな成果を出すことが可能です。スタート時点での完璧さよりも、改善していこうとする姿勢が、最終的なコンテンツマーケティングの成功につながっていきます。

スキルをどんどん身につけていく

コンテンツマーケティングの世界では、常に新しいトレンドや技術が登場しています。そのため、チームメンバーはスキルアップを継続的におこない、最新の知識を身につけていくことが必要です。

個々のスキルの向上は、チーム全体の能力の向上に直結し、より高品質なコンテンツの制作や効果的なマーケティング戦略の実施につながります。コンテンツマーケティングにおいて、特に以下の分野でのスキル習得が非常に重要です。

コンテンツマーケティングに必要なスキル
  • 最新のSEOトレンド
  • データ分析
  • 動画や画像などのグラフィック制作
  • Webマーケティングの一般的な知識

これらのスキルを社内で育成するために、定期的なトレーニングや外部のワークショップへの参加など、さまざまな取り組みが必要です。さらに、知識を共有する文化をチーム内に根付かせることで、体制の強化とともに、個々のスキルの成長も促進されます。

商品やサービス・自社や業界について深く理解しておこう

コンテンツマーケティング成功の基盤となるのは、自社の商品やサービス、さらには業界全体に関する深い理解です。深く理解することで、ターゲットとするユーザーのニーズや関心を正確に捉え、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することができます。

また、自社の強みや市場での位置付けを明確に把握することで、競合と差別化することができ、より効果的なマーケティング戦略を展開することができるでしょう。

外注する場合自社の商品やサービスについて解説する機会が増える

コンテンツ制作を外注する場合、自社の商品やサービスについて外部のクリエイターや支援会社に詳しく説明する機会が増えます。

これは、外部パートナーが自社のビジョンや価値提案を正確に理解し、それを反映したコンテンツを制作できるようにするために必要不可欠です。この過程で、サービスや商品の提供価値や差別点を明確に伝えることが求められるため、自社内での理解を深める良い機会にもなります。

また、外部とのコミュニケーションを通じて新たな視点を得られることもあり、商品やサービスのさらなる改善につなげることができるでしょう。

全体の品質を上げるには社内のサービス理解が重要

外部パートナーと取り組みながら、コンテンツの品質を全体的に向上させ、独自性を確保するためには、社内でのサービスや商品に対する理解を深めることが極めて重要です。

社内メンバーが提供する価値や業界の動向を深く理解していると、その知識はコンテンツ制作の際に活かされ、よりリッチで説得力のあるコンテンツを制作することができます。

社内のサービス理解を高めるためには、定期的な研修やワークショップの実施、最新の業界レポートの共有などの取り組みがおすすめです。

まとめ

コンテンツマーケティングを成功に導くためには、効率的に運用するための体制を整えることが重要です。社内では、自社の商品やサービスの提供価値と業界に関する理解を深め、外部パートナーにそれを説明します。

そうすることで、外部のパートナーが有効的な戦略をたてたり、品質の高いコンテンツを制作することができ、コンテンツマーケティングの成果を最大化することができます。

集客力の強いコンテンツマーケティング支援

コンテンツマーケティング支援 資料画像

専門領域で分担をしてより高品質な記事を制作しませんか?

  • 記事制作をしているが社内でのリソースが足りない
  • 外部に記事制作を依頼しているが成果が出ていない
  • コンテンツマーケティングを始めたい

コンテンツマーケティングなら
THINkBALにお任せください

この記事を読んだ方におすすめのサービス
著者
Digital Magazine editorial departmentDigital Magazine 編集部
Digital Magazineの企画・執筆・編集をしています。Webサイト制作、UX/UIデザイン、コンテンツマーケティング、SEO対策、SNS運用、広告運用に強みを持ったメンバーが、デジタルマーケティング全般の最新情報やノウハウをわかりやすくお届けします。
監修者
Miyazaki Norifumi宮崎 典史
THINkBAL代表。Web制作会社でWebサイト構築を学び、株式会社電通に出向。ナショナルブランドのWebサイトを数多くプロデュース。担当領域は、Webコンサルティング・戦略立案・プロジェクトマネジメント・UXリサーチ・情報設計・制作ディレクション。