Web制作会社 THINkBALがデジタル全般の情報をお届けするデジタルマガジンです。東京と埼玉を拠点としたWeb制作会社|株式会社THINkBAL
Web制作
Update: 2023/10/26

採用サイトの集客方法5選!採用に必要なコンテンツは?

採用活動を行う上で、採用サイトを活用する企業は多く存在しています。採用サイトを活用すれば、Webで募集をかけられるため、採用活動を効率的に進めることが可能です。

しかし専門的な知識が必要となる場合もあるため、「どのように運用していいか分からない」というようなお悩みをお持ちの担当者様もいるでしょう。 

  • 採用サイトの集客方法を知りたい人
  • 効果的な採用サイトを作りたい人
  • 採用サイトを運営するコツを知りたい人

この記事では、採用サイトを制作および運用するうえで、おさえておきたいポイントをご紹介します。採用サイトでの集客を目指す企業の担当者様などは、ぜひ参考にしてください。

採用サイト制作のプロが貴社のお悩みを解決します! データ分析、UX/UI設計に基づく戦略とデザインで伝えたい価値を伝わるカタチに。 ビジネス成果に貢献する採用サイト制作・構築を提供します。
\まずは無料相談!2営業日以内に返信/
採用サイトの制作・改善を相談する

採用サイトの集客方法5選

PCの画面を持っている男女のイラスト

採用サイトには、おもに5つの集客方法があります。

どの手法も有効な手段ですが、自社に適さない手法だと、思うような効果は見込めません。集客方法にはそれぞれ特徴があり、より多くの集客を目指すには、自社に適した手法の選択が必要です。

まずは、集客方法ごとの特徴を把握しておきましょう。

採用サイトの集客方法5選
  • 広告出稿をおこなう
  • コーポレートサイトなど自社の別サイトから遷移させる
  • 検索エンジンで集客をおこなう
  • 求人媒体では載せきれない情報を載せる
  • 求人媒体から遷移させる

広告出稿をおこなう

まずは、広告による集客です。広告にはさまざまなものがありますが、Web広告であればサイトへアクセスしやすいため、直接的な流入に期待できます。主なWeb広告には以下のようなものが挙げられます。

【リスティング広告】

ユーザーが検索したキーワードに合わせて表示される広告のことを指します。画面の上部に表示されるため、ユーザーの目に留まりやすくなります。

【ディスプレイ広告】

サイトやメールに画像および動画を掲載する広告です。バナー広告とも呼ばれ、任意サイトなどの広告枠に自社広告を掲載します。

【SNS広告】

SNS上に掲載する広告です。FacebookやLINEなどのSNSに広告を掲載することで、年齢や性別などターゲットを絞った集客が可能になります。

広告には、他にもさまざまなものがあります。より効果的な集客を行うためには、自社の目的に適した広告を用いることが大切です。

Web広告の種類別に下記の記事にて詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

コーポレートサイトなど自社の別サイトから遷移させる

自社が別で運用しているサイトから遷移させるのも有効な手段です。自社コーポレートサイトなどに、採用サイトへのリンクを設置し集客を図ります。自社のサイトを訪れているユーザーは、自社へ興味を示していると言えるでしょう。

サイト内に導線となるリンク設置をしておけば、他の情報に関しても興味をもってくれるかもしれません。興味を引ければ、採用サイトへの流入にも期待できます。

ただし誘導するための導線には、ユーザーの興味を引けるような工夫が必要です。例えば「採用情報」のページを作成し、社員インタビューなどのコンテンツを導線にすると、自然と流れができるため誘導しやすくなります。

また、サイト情報のメニューとしてヘッダーやフッターにリンクを設置するのも効果的です。ユーザーの目につきやすい箇所に表示されるため、注目を集めやすくなります。

検索エンジンで集客をおこなう

検索エンジンを活用した集客も効果的です。仕事を探すとき、Webを活用する求職者の方も多くいます。ユーザーは通常、仕事を探すときになんらかのキーワードで検索します。

その検索結果に自社サイトが上位表示されれば、求職者の目に留まりやすくなります。さらに興味が引ければ、自社の採用サイトへの訪問にも期待できるでしょう。ただし上位表示させるためには、SEO対策が必須です。

SEO対策とは、検索順位を上げるために行う施策のことをいいます。上位表示させるためには、検索エンジンに質の高い記事だと認識してもらうことが必要です。

SEO対策にはキーワード選定やサイト環境の最適化などのように、さまざまな手段が存在しています。しかし競合他社も多く、上位に表示させるのは容易ではありません。専門的な知識が必要となるケースもあるため、自社のみで対策が難しい場合には、制作会社への外注も検討してみましょう。

求人媒体では載せきれない情報を載せる

採用サイトで集客を図るときには、情報の量も重要なポイントです。例えば求人媒体に求人を掲載している場合、載せきれなかった情報を採用サイトに掲載することで、集客効果に期待できます。

求人媒体では多数の企業が求人を掲載するため、1社あたりが掲載できる枠が限られています。そのため掲載できる情報も多くはありません。求人を閲覧した求職者は、追加情報を求める可能性もあります

このような場合には、載せきれなかった情報を採用サイトに掲載し、宣伝などを通じて誘導すれば自社サイトへの訪問に期待できます。採用サイトの宣伝を行うときは、企業説明会やイベントへの参加が有効です。参加者は就職へ意欲的なことが伺えるため、適切にアピールすれば採用サイトを訪れてくれる可能性があります。

求人媒体から遷移させる

求人媒体からの流入を狙うのも有効です。求人媒体に求人を掲載するとき、併せて自社サイトのURLやQRコードを貼り付けることで、採用サイトへ誘導を行います。自社サイトの求人を閲覧している時点で、自社へ興味があることが伺えるため、採用サイトへの遷移にも期待できます。ただし求人媒体によっては、リンクの貼り付けが禁止されているものも存在するため、事前に確認しておきましょう。

なお求人媒体からの流入を狙う際には、利用する媒体の選定が重要です。求人媒体は媒体ごとにアプローチできるターゲット層が異なるため、自社に適した媒体を利用しないと集客効果が薄れてしまいます。

例えば自社の求める人材がエンジニアであれば、エンジニアに特化した媒体を活用するのが効果的です。他にも求人媒体にはそれぞれに特徴があるため、自社の目的に合わせて選ぶようにしましょう。

集客できる採用サイトの作り方

複数の履歴書を確認して選んでいるイラスト

応募者を増やすには、集客までできる採用サイトの制作が必要です。単にサイトを立ち上げただけでは、競合他社も多く存在するため、多くの集客は見込めません。

集客を図るには、他社よりも有用なサイトの制作が必要です。有用なサイトを制作するときにおさえておくべき点としては、以下のものが挙げられます。

集客できる採用サイトの作り方
  • 求職者の欲しい情報をわかりやすい位置に載せる
  • 導線がわかりやすくエントリーしやすい
  • 自社の色味出しつつターゲットの心を掴むデザインを意識する

求職者の欲しい情報をわかりやすい位置に載せる

より良い集客を目指すためには、掲載する情報の位置も重要です。特に求職者が必要とする情報は、目に付きやすい箇所へ掲載する必要があります。

分かりやすい場所に必要な情報が掲載されていると、すぐに欲しい情報が得られるため、ページからの離脱を防げます。結果的には求職者の決断を促すことにつながり、そのまま応募へ進むことにも期待できるでしょう

なお求職者が求める情報には、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事内容
  • 企業情報
  • 福利厚生
  • 勤務時間や休日
  • 応募条件 など

採用サイトには、特に上記の情報を記載するようにしましょう。ほかにも、職場環境に関する情報の掲載も効果的です。求職者は自身が働く姿をイメージしやすくなるため、応募にも期待できます。より良い集客を目指すためにも、このような情報はできるだけ分かりやすい箇所に配置しましょう。

導線がわかりやすくエントリーしやすい

多くの集客を図る際には、エントリーのしやすさも大切なポイントです。エントリーとは、「求職者が応募に必要な情報を得ること」を指します。応募と混同されることもありますが、正確には異なるものです。エントリーは選考に必要な情報を得るための行為であるため、この時点では応募したことにはなりません。求職者は、エントリーによって得た企業情報をもとに、納得することで正式な応募へと至ります。

なおエントリーは応募の窓口ともいえるため、ボタンなどは分かりやすい箇所へ配置することが必要です。ボタンが分かりにくい位置にあると、求職者はなかなかエントリーできず、諦めて別のサイトへいく恐れもあります。そのような事態を防ぐためには、導線となるものは分かりやすいデザインを心掛け、エントリーしやすい工夫を凝らしましょう。

エントリーしやすい工夫とは、サイト内をシンプルなデザインにしたり、さまざまなデバイスに対応した画面に設定させたりすることなどが挙げられます。

自社の色味出しつつターゲットの心を掴むデザインを意識する

集客を図るときは、サイトに魅力的なデザインを施すこともポイントです。特に応募先企業の特色などは、求職者にとって応募するかを判断する材料のひとつになります。企業の特色が掴めないと、求職者は自分に合う職場か不安になり、応募して良いのか判断がつきません。求職者の決断を促すためには、自社の色味を出したデザインが必要です。多くの求職者に興味をもってもらうには、求職者の心を掴むようなデザインを意識しましょう。

また自社の特色を出したデザインを施せば、採用時のミスマッチを抑えることが可能です。経営方針や仕事内容によって、欲しい人材は企業ごとに異なります。

ターゲットに適したデザインを施せば、求職者も勤務先としての自社のイメージがしやすくなるでしょう。共感した方が応募する確率も高くなるため、面接時や入社後のミスマッチも起きにくくなります。

採用サイトに入れた方がいいコンテンツ8つ

採用をして人を増やしたい人たち

採用サイトは、取り入れるコンテンツによって成果が大きく変わります。より多くの集客を目指す際には、求職者が必要とするコンテンツの作成が必要です。おすすめのコンテンツとしては、以下のようなものがあります。

採用サイトに入れた方がいいコンテンツ
  • 社員インタビューやブログ
  • 現在のキャリア紹介
  • 社内の日頃の様子
  • 募集要項
  • 企業の理念やビジョン
  • 企業の歴史や文化など
  • 代表メッセージ
  • 事業紹介

社員インタビューやブログ

まずは社員インタビューやブログのような、在職する方の情報です。ビジネスでは同僚や上司との連携が必要となるため、職場内での人間関係は重要ですよね。

しかし価値観は人それぞれで異なるため、自分と合わない方もいるでしょう。実際に、人間関係が原因で退職する方は多くいます。当然、求職者も人間関係がうまく築けるか不安であるため、在籍する社員に興味をもっているはずです。在籍する社員の情報を伝えることで、求職者の不安を和らげる効果に期待できます。

在籍する社員の情報を伝えるためには、社員のインタビューやブログの掲載がおすすめです。リアルな声を届けられるため、求職者もイメージがしやすくなります。特に業務内容や働きがいをまとめた内容であれば、求職者にも伝わりやすいでしょう。また、新入社員へのインタビューも有効です。求職者と近い立場にいるため、共感を得やすいでしょう。

加えて、新しく入る新入社員についてどんな人と一緒に働きたいのかなどのインタビューも実施しておきましょう。さまざまな社員にインタビューをすることで、どんな人がいるのか求職者もイメージしやすくなります。

現在の社員のキャリア紹介

社員のキャリア紹介なども、取り入れたいコンテンツのひとつです。キャリアの形成は、仕事をしていくうえで重要となるため、関心が高い求職者も多くいます。入社したらどのようなキャリアを積めるかを紹介することで、求職者もキャリア形成の計画を立てやすくなるでしょう。求職者のプランとマッチしていれば、応募にも期待できるでしょう。

キャリアを紹介するコンテンツでは、キャリアのステップを分かりやすく紹介することが必要です。曖昧な説明や分かりにくい図だと、閲覧した求職者は具体的にイメージできません。キャリアは自身の将来に関わるため、応募することに躊躇ってしまうでしょう。制作するコンテンツは、明確な流れやステップごとに図を用いるなど、分かりやすいデザインを心掛けましょう。

社内の日頃の様子

職場環境の紹介もぜひ取り入れたいコンテンツです。1日の大半を職場で過ごすこともあるため、職場環境に興味がある求職者は多くいます。応募時に参考とされることも多いため、従業員が働きやすい環境を整える企業も増加傾向にあります。自社の職場環境を整え、紹介していくことで、自社の特徴を求職者へアピールできます。

具体的にイメージしてもらうには、日ごろの様子を掲載するのがおすすめです。従業員が働いている様子を掲載することで、求職者も自分に合った職場か判断がしやすくなります。加えて求職者は、その会社の雰囲気や様子を把握したうえで応募するため、応募時のミスマッチを抑えられます。

なおより具体的にイメージしてもらうには、自社の特徴を活かしたコンテンツにしましょう。例えば書店を展開している企業であれば、商品が並んだ商談スペースの画像を用いることで、さらにイメージがしやすくなります。

募集要項

企業では、複数の求人を同時に掲載する場合があります。そのような場合には、職種ごとに募集要項を記載したコンテンツの作成が必要です。職種ごとのコンテンツを作成することで、採用時や入社後のミスマッチを減らせます。

掲載すべき情報としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 職種別の業務内容
  • 社内での役割
  • 給与などの待遇
  • 職種ごとの職場環境や雰囲気 など

上記に加え求める人物像などの情報も掲載しておくと、ターゲットを絞り込めるため、よりミスマッチが起きにくいでしょう。ただし誤解を与える内容だと、トラブルに発展する可能性もあるため注意が必要です。内容によっては是正指導の対象となる可能性もあるため、コンテンツには正確な情報を掲載しましょう。

会社の理念やビジョン

自社の理念やビジョンを掲載したコンテンツもおすすめです。企業によっては、自社の理念に共感してくれる人材の確保を目的に、採用活動を行うことがあります。自社のビジョンに共感してくれる人材であれば、企業戦略も伝わりやすく即戦力としても期待できます。コンテンツに理念やビジョンを掲載すれば、求職者もイメージがしやすくなります。共感して応募した求職者の場合、自社が理想とする人材である可能性が高いといえるでしょう。

なお理念やビジョンを伝える際は、明確な情報を掲載することが大切です。企業の理念などは抽象的な内容であることが多いため、求職者へきちんと伝わらないことがあります。言葉だけでなく理想を画像化するなどの工夫が必要です。図やグラフを用いてイメージ図を作成すれば、求職者にも伝わりやすくなります。

企業の歴史や文化など

自社の歴史や文化に触れたコンテンツも有効です。これまでの歴史を説明することで、自社についてより理解を深めてもらえます。企業の文化などについて、入社後に知ることはよくあることです。あらかじめ情報を掲載しておけば、入社前にイメージがしやすくなるだけでなく、入社後のギャップも抑えられます。モチベーション維持もしやすくなるため、退職者を減らすことにもつながります。自社が現在に至るまでの経緯などは、コンテンツに詳しく掲載しておきましょう。

なお円滑に事業を展開するには、働く従業員に対して「なぜこのような事業をするのか」などを、理解してもらう必要があります。業種を問わず競合他社が多い現状では、自社のイメージやブランド力も重要な要素です。自社の歴史などの情報を社内で共有することで、自社商品への理解も深まり、自社のイメージ戦略にも役立ちます。

代表メッセージ

代表者メッセージも、取り入れたいコンテンツのひとつです。どんな人が経営しているのかが気になる求職者も多くいます。代表者の想いやビジョンを掲載することで、人物像や企業の雰囲気を求職者へ伝えられます。するとより具体的にイメージができるため、応募するか判断がしやすくなるでしょう。

また代表メッセージのコンテンツでは、メッセージ性がポイントです。メッセージを明確に発信しないと、自社の想いが求職者へきちんと伝わりません。また掲載するメッセージが多くなり過ぎると、結局何を伝えたいのか分からなくなってしまいます。

自社の想いを的確に伝えるためには、「自社が最も伝えたい内容」を中心にコンテンツを作成しましょう。内容を絞ることにより、閲覧した方にもメッセージが伝わりやすくなります。

事業紹介

事業紹介は、採用サイトでは必須ともいえるコンテンツです。作成するコンテンツに、事業内容や事業の展開について記載します。求職者は仕事を探すとき、「自分でもできるか」を考えることがよくあります。つまり事業内容などは、求職者にとって重要な判断材料となるものです。事業内容などを詳しく紹介することで、求職者も判断がしやすくなり、応募にもつながります。

なお事業内容のコンテンツを作成するときは、業界に知識がない素人でも分かるような表現が必要です。専門的な用語が多いと、知識のない求職者は理解できません。自分にできるか判断できないため、仮に「初心者歓迎」と掲載してあったとしても応募は期待できないでしょう。

より多くの方に興味を持ってもらうには、読者目線でコンテンツを制作することが大切です。事業内容のみの紹介だけではなく、お客様に対する意識や事業戦略など、事業を行う立場からの意見を求職者にわかりやすく主張するとよいでしょう。実際にその事業に貢献している自分のイメージが掴めるかもしれません。より多くの方に興味を持ってもらうには、読者目線でコンテンツを制作することが大切です。

以上が採用サイトに入れたい8つのコンテンツです。コンテンツ内容については成功事例を参考にするのがおすすめです。下記の記事にて成功事例を詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

採用サイトの運用のコツ

パズルのピースをはめて採用を進めているイラスト

採用サイトで集客を目指す際には、コンテンツの制作だけでなく効果的な運用も重要です。より良い運用を心掛けることで、更なる集客効果も見込めます。なお採用サイトには、より良く運用するためのコツのようなものがあります。

採用サイトの運用のコツ
  • 最新の情報を更新し続ける
  • 求職者の欲しいコンテンツを作成する
  • 独自性を出して他社との差別化を図る

最新の情報を更新し続ける

サイトをより良く運用するには、最新の情報を提供し続けることが必要です。古い情報が載っていると、求職者は現在も募集しているか分かりません。せっかくページを訪れても判断がつかないため、すぐにページから離脱する可能性があります。それでは、集客にもつながりません。多くの集客を図るには、サイトに「新鮮さ」が必要です。

サイトの鮮度を保つためには、情報の更新が重要です。随時情報を更新し、最新情報を掲載し続けることで、読者に新鮮なイメージを与えられます。特に掲載している内容に変更があった際には、迅速な対応が必要です。古い情報を参考に応募した方がいる場合、現状とは異なる箇所が出てくるため、トラブルに発展する可能性もあります。自社のイメージダウンにもなりかねないため、情報はこまめに更新するようにしましょう

求職者の欲しいコンテンツを作成する

コンテンツには、求職者の欲しい情報を優先的に掲載することが大切です。欲しい情報を適切な箇所に配置することで、内容が伝わりやすくなります。より明確に内容を伝えることができれば、求職者からの信頼も高くなり、応募者の増加にもつながるでしょう。

求職者が求める情報については、いくつかの企業が定期的に調査を進めています。よく上位に入る内容としては、経営方針や勤務地、社風や初任給などです。これらの内容は求職者の関心が高いことが伺えるため、優先的に掲載しましょう

ただしこのような情報は、流行や社会の情勢などによってよく変化します。ニーズの変化に乗り遅れないためには、こまめに情報収集を行うことが必要です。Webやニュースを定期的にチェックして、より多くの情報収集に努めましょう。

独自性を出して他社との差別化を図る

採用サイトのコンテンツでは、独自性も重要なポイントです。採用サイトを活用する企業は増加傾向にあり、求職者に興味をもってもらうには、他社との差別化を図らなければなりません。他社と似たようなサイトでは印象に残らず、自社を選んでもらうのは難しいでしょう。

他社にはない自社だけの特徴や強みを活かすことで、独自性のあるサイトにできます。加えて他社にはない情報を掲載すれば、SEO対策としても効果的です。独自性や網羅性があると検索エンジンが認識すれば、検索上位に入りやすくなります。

するとユーザーにも認知されやすくなるため、自社サイトへの流入増加が見込めます。サイトに独自性を出すためにも、まずは自社の特徴や強みなどを探してみましょう。

採用サイトの制作/運用ならTHINkBALへ

採用サイトは企業の採用活動に有効な手段ですが、サイト制作や運用には専門的な知識が必要となる場合があります。自社のみでの制作および運用も可能ですが、難しい場合には制作会社への外注も検討してみましょう。

採用サイトの制作依頼をご検討されている方は、ぜひ「THINkBAL」へご相談ください。豊富な実績にもとづき、クオリティの高い採用サイトの制作が可能です。加えてTHINkBALでは、サイトの運営も承っております。自社での運用が困難な場合には、ぜひご利用ください。

まとめ

採用サイトは、戦略的に集客を行うことが大切です。計画的に制作および運用を行うことで、より多くの集客に期待でき、応募者アップにもつながります。一方で採用サイトを活用する企業は多く、多くの集客を図るのは容易ではありません。採用サイトで集客を図るときには、以下の点をおさえておきましょう。

まとめ
  • 集客方法は自社に適した手法を選ぶ
  • 採用サイトを制作するときは、求職者目線でコンテンツを作成する
  • 多くの集客を図る際には、他社との差別化も大切

独自性が溢れる魅力的なコンテンツを作成し、採用サイトへのより多くの集客を目指しましょう。

採用サイト制作のプロが貴社のお悩みを解決します! データ分析、UX/UI設計に基づく戦略とデザインで伝えたい価値を伝わるカタチに。 ビジネス成果に貢献する採用サイト制作・構築を提供します。
\まずは無料相談!2営業日以内に返信/
採用サイトの制作・改善を相談する
著者
Digital Magazine editorial departmentDigital Magazine 編集部
Digital Magazineの企画・執筆・編集をしています。Webサイト制作、UX/UIデザイン、コンテンツマーケティング、SEO対策、SNS運用、広告運用に強みを持ったメンバーが、デジタルマーケティング全般の最新情報やノウハウをわかりやすくお届けします。
監修者
Miyazaki Norifumi宮崎 典史
THINkBAL代表。Web制作会社でWebサイト構築を学び、株式会社電通に出向。ナショナルブランドのWebサイトを数多くプロデュース。担当領域は、Webコンサルティング・戦略立案・プロジェクトマネジメント・UXリサーチ・情報設計・制作ディレクション。