Web制作会社 THINkBALがデジタル全般の情報をお届けするデジタルマガジンです。東京と埼玉を拠点としたWeb制作会社|株式会社THINkBAL
マーケティング
Update: 2024/5/21

【プロが解説】Webマーケティングとは?3つの種類と効果の出る施策を徹底解説!

Webマーケティングは、商品・サービスを消費者に展開するうえで必要不可欠な要素です。ただ、重要であるとわかっていながらも「何となく」で理解してしまっている人も多いのではないでしょうか。

  • Webマーケティングを深く知りたい人
  • Webマーケティングを活用して売上を上げたい人
  • 効果的なマーケティング方法がわからない人

そこで本記事では、Webマーケティングの概念や、具体的な手法などについてくわしく解説していきます。自社の商品・サービスの売上を効率的に上げたい企業はぜひ参考にしてみてください。

Webマーケティングのプロが貴社のお悩みを解決します!
データ分析、UX/UI設計に基づく戦略とデザインで伝えたい価値を伝わるカタチに。
ビジネス成果に貢献するWebサイト制作・構築を提供します。
\まずは無料相談!2営業日以内に返信/
Webマーケティングについて相談する

Webマーケティングとは

Webマーケティングと書かれたパズル

Webマーケティングという言葉を何となくで理解している人も多いと思います。

以下で、くわしく解説していきますので、これを機会に正しく理解しておきましょう。

Webマーケティングってなに?
  • SNSやWeb広告などを活用したデジタルマーケティング手法
  • 集客~販売が全てインターネット上で完結する
  • マーケティング施策の結果を数値で確認できる

SNSやWeb広告などを活用したデジタルマーケティング手法

Webマーケティングとは、SNSやWeb広告などを活用したデジタルマーケティング手法です。Webマーケティングとデジタルマーケティングは混同してしまいがちですが、厳密にいうと異なります。

Webマーケティングは、Webに特化したマーケティングであり、デジタルマーケティングの一部にあたります。つまり、Webマーケティングは、デジタルマーケティングの手法であり、デジタルマーケティングに内包されるものなのです。

集客~販売がすべてインターネット上で完結する

Webマーケティングでは、集客から販売までの流れをすべてインターネット上で完結させることが可能です。

Webマーケティングを実施した場合の例をいくつか見てみましょう。

  1. Google広告で集客
  2. ランディングページで商品を訴求
  3. 購入ページでコンバージョン

下記のような例もあります。

  1. Google検索で集客
  2. オウンドメディアで商品を訴求
  3. 商品紹介ページでコンバージョン

これらの例はほんの一部であり、Webマーケティングを実施した際の購入までの導線はまだまだあります。

インターネット上で集客から販売までの導線を引けることには、さまざまなメリットがあり、Webマーケティングの強みといえるでしょう。

マーケティング施策の結果を数値で確認できる

Webマーケティングの大きな特徴は、マーケティング施策の結果を数値で確認できる点にあります。

ポスティングやダイレクトメールといった施策では、顧客がどういった動きをしているのかが正確に把握できません。しかし、Webマーケティングは「どの媒体を経由したのか」「どのページで離脱したのか」といった顧客の動きを詳細に把握することができます。

顧客の動きを把握することで、効果測定による改善が行いやすくなるため、施策の費用対効果を効率的に向上させることが可能です。よって、Webマーケティングでもっとも重要なのは、効果測定を繰り返し、持続的な改善を行っていく点にあるともいえます。

効果測定は専門用語や経験が必要になるケースがあるため、自社に専門知識を持った従業員がいない場合は、外部発注も検討しましょう。

Webマーケティングの種類

Webマーケティングの種類

Webマーケティングの主な種類は下記のとおりです。

3種のWebマーケティング
  • SEOマーケティング|CVR率アップを狙う方向け
  • リスティング広告|短期間でアクセス数アップを目指す方向け
  • コンテンツマーケティング|見込み顧客にアプローチしたい方向け

以下では、それぞれどういった場合に活用されるWebマーケティングなのかを解説していきます。

SEOマーケティング|CVR率アップを狙う方向け

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、主にCVR(コンバージョン率)の向上を目指すために用いる施策です。

検索エンジンの上位検索を狙いコンテンツを最適化

SEOマーケティングでは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンの上位表示を狙い、コンテンツを最適化していきます。

検索の上位に自社のサイトページを持ってくることができれば、サイト内のCVRが大幅に向上するでしょう。しかし、集客につながるかどうかは「どういったキーワードで上位表示させるか」により大きく異なります。

たとえば「脱毛」「転職」といった検索する人が多いキーワードで上位表示されると、月間数万~数十万の集客が見込めます。ただ、検索する人が少ないキーワードで上位表示をとったとしても月間10~100人程度に留まるでしょう。

ここまで聞くと「検索ボリューム(検索数)が多いキーワードだけを狙えばいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし、検索ボリュームが大きいキーワードは、大手がすでにSEO対策を実施しているため、上位表示させるのは非常に難しいです。たとえば、転職のジャンルでは「リクルート」「マイナビ」といっただれもが知る大手企業が検索上位を席巻しており、介入の余地がほとんどありません。

このように、検索ボリュームの大きいキーワードは各業界の大手がSEO対策しているため、いまからSEOマーケティングで効果を上げるのは難しいといえます。

しかし、キーワードは組み合わせにより無数のパターンがあるため、中小企業でもSEOマーケティングでCVRを向上させることは十分に可能です。たとえば、「転職」という単体のキーワードは大手が対策しているため難しいですが、「40代 中途 転職 難しい」「転職 30代 建設業界」など、複数キーワードの組み合わせは、検索ボリュームが大きくはないため、大手がまだ対策していない可能性が高いです。

したがって、いまからSEOマーケティングを始めたいという企業でも「どのキーワードを選択して対策するか」によっては十分な効果が望めます。

キーワードの選択方法は、さまざまですが基本的にはGoogleサーチコンソールというツールを用いて進めるのがセオリーです。ただ、ツールをうまく活用するためには、ある程度の経験と専門性の高い知識を必要とします。「自社にSEOマーケティングをできる人材がいない…」という人は、まず専門の業者に相談してみるとよいでしょう。

効果が上がるまで時間がかかる

SEOマーケティングは、効果が上がるまで時間がかかるというデメリットがあります。

大体の目安は、サイトを立ち上げたばかりの場合で6カ月程度、サイト運営からしばらく経っていれば3~6カ月程度ですこしずつ効果が出始めます。

効果が出始めるのに時間かかるのは、開設時のサイトの評価が低いためです。たとえばGoogleの検索エンジンは、Google独自のアルゴリズムによってサイトを評価しています。サイトの評価は、主にサイト内のコンテンツによって評価されるため、コンテンツがないサイト開設時の状態は評価が低く、上位検索に表示される可能性が非常に低いのです。

先ほど紹介したSEO対策を実施しながら複数のコンテンツを公開していくことで、すこしずつ検索エンジンでの露出を増やすことができます。

また、効果が出るまでに時間がかかりますが、一度上位表示にされれば、しばらくのあいだはサイトに多くの顧客が流入してくるため、CVRを見込みやすくなります。ただし、Googleは顧客のユーザビリティを向上させるために、アルゴリズムを定期的にアップデート(評価基準の改定)をしていますから、突然ぱったりと流入が止まる可能性もあります。

したがって、SEOマーケティングは継続的な効果測定と改善が必要不可欠だといえるでしょう。

リスティング広告|短期間でアクセス数アップを目指す方向け

リスティング広告(検索連動型広告)とは、GoogleやYahoo!の検索エンジン上部に表示できる広告の一種です。Googleの検索エンジンは利用者が非常に多いため、短期間で大幅にアクセスアップすることができます。

リスティング広告について、さらにくわしくみていきましょう。

ユーザーの悩みやニーズに合わせた広告表示が可能

リスティング広告は、ユーザーの悩みやニーズに合わせた広告表示が可能です。

たとえば「転職に困っている人にアプローチしたい」ということであれば、「転職 難しい」「転職 30代」といったキーワードと連動させて広告を配信します。すると、転職活動に厳しさを感じている人や、30代での転職に不安を覚えている人などに広告を見てもらうことが可能です。

また、リスティング広告は、リンク先のサイトに流入があった時点で費用が発生する仕組みになっているため、「広告費用を支払ったのに集客できなかった」という事態を未然に防ぐことができます。つまり、料金を支払った分だけの流入は約束されているということです。

ただし、リンク先のランディングページの訴求力が低いと、コンバージョンにつながらないため、広告の費用対効果は大きく下がります。よって、ランディングページへの流入数が増え続けても契約・問合せなどのコンバージョンにつながらなければ赤字運営になってしまうでしょう。

また、リンク先のランディングページの品質は、広告の表示順位にも影響します。Googleのアルゴリズムにより「品質が低い」と判断されてしまうと、他の広告より下に表示されてしまうため、肝心の流入数が落ちてしまうのです。Googleからの評価を上げて広告を上位に表示させるためには、Googleが定めた品質スコアの概念を知っておくことが重要になります。

品質スコアとは「推定クリック率」「広告の関連性」「ランディングページの利便性」の3つの要因をもとに広告の品質を1~10段階で分けるGoogle独自のシステムです。いずれもブラックボックスであるため、断定的なことは言えませんが、Googleは常に「ユーザーにとって利便性の高いコンテンツを優先的に表示する」という揺るがない基準を持っています。ですから、ランディングページはユーザー目線に立って「見やすい」「便利」を基準に作成するとよいです。

「広告の関連性」は、キーワード、広告のタイトル、ランディングページの関連性の高さを指します。広告のタイトルとランディングページの関連性が低いと、ユーザーに「思っていたページとちがう」と思わせてしまうため、離脱率が下がります。そういった事態を未然に防ぐためにGoogleは「広告の関連性」という基準を設けているのです。

以上のことを踏まえたうえで「どのキーワードと連動させるか」「どういったランディングページを作るか」を考えましょう。

THINkBALの広告運用代行はこちらからお問い合わせください。
ランディングページの制作はこちらから。

SEOと並行し短期的にアクセスを集められる

リスティング広告は、SEOと並行して利用することで短期的にアクセスを集めることが可能です。

前述のとおり、SEOは効果が出るまで時間がかかるため、短期的な集客が見込めませんが、リスティング広告であれば、広告を配信した瞬間から数百~数万の集客が見込めます。しかし、リスティング広告には当然費用がかかりますから、長期的な運営には向きません。

SEOとリスティング広告を並行して利用することで、お互いのデメリットを補い合いながらコンバージョンを獲得することが可能です。

コンテンツマーケティング|見込み顧客にアプローチしたい方向け

コンテンツマーケティングとは、主に見込み顧客に対して用いられるWebマーケティングの一種です。以下にてくわしく見てみましょう。

見込み顧客に対するインバウンドマーケティングが可能

コンテンツマーケティングを実施することで、見込み顧客に対してインバウンドマーケティングを仕掛けることが可能です。

コンテンツマーケティングでは基本的に「ホワイトペーパー」「記事」「事例紹介」などをコンテンツとして発信し、興味・関心を持ってくれたユーザーにアプローチをかけます。先ほど紹介したSEOマーケティングもコンテンツマーケティングに内包されていると思ってよいです。

コンテンツマーケティングの大きなメリットは、コストパフォーマンスが高い点にあります。コンテンツは自社で用意すれば、あとはサーバー代やドメイン費のみになるため、適切なサイト運営ができれば低予算で高い効果を得ることが可能です。

ただし、コンテンツの作成は「ライティング」「サイト運営」などのスキルが必要になるため、誰にでも簡単にできることではありません。手探りで運営していくことも可能ですが、効果が出るまでに時間がかかる可能性が高いです。コンテンツマーケティングはそもそも効果が出るまで時間がかかりますから、手探りで始める場合は効果が出るまで半年以上かかると思っておきましょう。

また、コンテンツマーケティングは集客の他にも「ブランディング」「ナーチャリング(顧客育成)」などにもなるため、まだ実施していない場合は導入を検討してみるとよいです。

さらに、コンテンツマーケティングは、サイト上にコンテンツがストックされていくことからストック型とも呼ばれ、質の高いコンテンツを積み上げていくことができれば、サイト自体が会社の資産になることもあります。

コンテンツやSNSを通して段階的にCVRにつなげる

前述のとおり、コンテンツマーケティングは効果が出るまで時間がかかります。しかし、TwitterやInstagramといったSNSを活用することで、効果が出るまでのスピードと効力を大きくすることが可能です。

たとえば、サイト内で更新したコンテンツをSNSで公表することで、検索エンジンに加えてSNSからの流入も見込むことができます。SNSからの流入が増えれば、検索エンジンからの評価も上がるため、さらに多くの顧客に対してアプローチできるようになるでしょう。

また、コンテンツマーケティングを実施する際は、どのSNSと連動させるかも重要になります。たとえば、アパレルであれば画像・動画をメインに取り扱うInstagramが向いていますし、サプリのような訴求文が重要になる商品にはTwitterが向いています。もちろん、ターゲットが頻繫に利用しているSNSであるかも大切になるため、事前に入念なリサーチを行っておきましょう。

THINkBALのコンテンツマーケティング支援はこちらからお問い合わせください。

効果の出るWebマーケティング

Webマーケティングの施策で効果が出ている複数のグラフ

効果が出やすいWebマーケティングは下記のとおりです。

  • プレスリリース
  • MEO
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告
  • 動画広告
  • ホワイトペーパー

Webマーケティングにはさまざまな種類がありますが、以下で紹介する手法は比較的効果が出やすいものばかりとなっています。ぜひ参考にしてみてください。

プレスリリース

プレスリリースとは、Webニュースを配信している各媒体に対して、自社の情報を発信することです。規模の大きい媒体に自社の情報を掲載してもらえれば、大きな集客効果が見込めます。加えて、紹介された記事はWeb上に残り、自社サイトのリンクも設置されるため、長期的な視野で見ても高い効果を発揮するでしょう。

ただし、Webニュースの媒体が自社の情報を必ずしも扱ってくれるとは限りません。ニュース媒体は顧客にとって有益な情報であるかどうかを判断基準としているため、自社の宣伝ばかりの内容にならないようにしましょう。

MEO

MEOとは「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の略で、Googleマップ上で店舗などを目立たせるために用いる手法の一つです。

Googleマップの検索結果は、Googleの検索エンジンの上部にも表示されるため、飲食店、サービス業、美容室などの店舗を経営している企業にとっては必須であるといえます。

電話番号や住所、店舗内の写真など、店舗に関する情報を充実させるだけでも上位表示されやすくなります。あとは、ユーザーからの評価が重要になるため、Googleマップへの口コミを促してもよいでしょう。ただし、顧客との交換条件(クーポンの提供など)として口コミを書いてもらうことは規約違反となるため注意しましょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、GoogleやYahoo!が運営するプラットフォームや、提携サイトなどで自社の広告が配信できるサービスです。一般的なバナー広告だけでなく、テキストや動画などのフォーマットがあります。

ディスプレイ広告では「興味関心」「年齢・性別」「日常的な行動」などを詳細に設定してターゲティングすることも可能です。そのため、自社のターゲットが明確になっていれば高い効果を得ることができます。

また、ディスプレイ広告に内包されるリターゲティング広告を活用することで、CVRを上げることも可能です。リターゲティング広告とは、一度自社のサイトに訪れたことがある顧客に対して再度アプローチできる広告です。単価が高い商品・サービスであるほど検討期間が長くなるため、2度目のアプローチが有効になります。

ディスプレイ広告を利用する際は、ターゲティング設定と併用する他広告を入念に検討しましょう。

SNS広告

SNS広告とは、TwitterやInstagramなどのSNS上で配信できる広告です。Twitter、Instagramでは、タイムライン上に表示される広告が代表的ですが、配信面は複数あり、各SNSによって特徴が異なります。

たとえば、Twitter広告は、複数の画像と動画を広告として配信できる広告があり、強いインパクトを残したい際に利用されます。

Instagram広告は、ストーリー上に自社の広告を挿入することができるため、個人向け商品・サービスとの相性がよいです。加えて、Instagramにはショッピング機能が搭載されているため、集客から購入までを一手にカバーすることもできます。

このように、SNS広告は各媒体によって特徴が大きく異なるため、商品・サービスにマッチした媒体選びが大切です。

動画広告

動画広告は、テキストやバナーよりも情報が多く、動的であるため訴求力が高いです。Twitter広告、Instagram広告にも動画広告はありますが、やはり代表的なのはYouTube広告でしょう。

YouTube広告で配信できる動画広告は、スキップされた際に課金されないため費用対効果が安定しやすいです。加えて、認知向上やブランディングにもなるため多くの企業が利用しています。

ただし、動画制作には費用と時間がかかるため、通常のWeb広告よりも潤沢な予算が必要になります。とくに、動画制作と広告運用のノウハウがない場合は、両方を外部発注することになるため、より多くの予算が必要になるでしょう。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、顧客からのニーズが高い情報をまとめてWeb上で配布することです。提供する代わりに顧客のメールアドレスや電話番号などを収集し、アプローチするのが一般的な手法となっています。

また、ホワイトペーパーは、BtoBで見込み顧客にリーチしたい際によく利用されます。たとえば、企業が解決するべき課題を浮き彫りにし、解決するための方法を提案するなかで、自社の商品・サービスを紹介する内容などが多いです。

ホワイトペーパーは、顧客にとって有益である必要があるため、自社商品の紹介に重点を置かず、顧客の課題解決に重点を置くことがポイントになります。

おすすめのWebマーケティング企業一覧

次に、Webマーケティングを得意とする企業の詳細と特徴を紹介します。

おすすめ企業4社
  • 株式会社THINkBAL
  • 株式会社ロードマップ
  • 株式会社未来マーケティング
  • テクロ株式会社
  • フォーデザイン株式会社
  • 株式会社CREXiA
  • 合同会社PENGIN
  • 株式会社クロスバズ
  • 株式会社フルスピード
  • EzONE
  • 株式会社だんきち
  • 株式会社NEXER
  • 株式会社codex
  • 株式会社ブランディングワークス

いずれも実績が豊富で信頼できる企業となっていますので、外部発注を検討している場合は、ぜひ参考にしてみてください。

株式会社THINkBAL

THINkBAL

当サイトを運営する株式会社THINkBALの特徴は下記のとおりです。

  • 制作から運用までWebマーケティングを一気通貫で依頼ができる
  • BtoB ・BtoC双方に強い
  • 大手企業の実績があり、安心して任せられる

当社は、徹底したヒアリングと調査で、お客様の課題解決を支援します。課題別の各種Webサイトの制作・リニューアル、広告運用代行、コンテンツマーケティング支援、SNS運用代行など幅広く支援をしております。そのため、企業の課題に合わせた解決策を選択して最短で効果を得ることが可能です。

THINkBALへの相談はこちらから

株式会社ロードマップ

株式会社ロードマップの特徴は下記のとおりです。

  • 攻めと守りのマーケティングを提供している
  • 最短3日で検索エンジンからの見込み顧客獲得が見込める
  • レピュテーションリスク対策の実績も豊富

当社は、SEO対策を中心としたWebマーケティングを提供しています。加えて、レピュテーションリスク対策も行っているため「ブランディングを大事にしたい」と考えている企業も安心して依頼できます。

また当社は、90以上の項目からなるSEO対策の改善書を作成していますので、気になる人は相談してみましょう。

株式会社未来マーケティング

株式会社未来マーケティングの特徴は下記のとおりです。

  • 世界最高レベルのマーケターが多数在籍
  • 業界15年以上の各分野の専門家が多数在籍
  • 日本円にして数百億円規模の売上拡大に成功した実績あり

当社は「差別化しながら集客する手法」を軸に、多くの企業をサポートしてきた実績があります。独自のマーケティング手法を確立していることを謳っているため「色々な会社に依頼してきたけどどこもイマイチだった」といった企業におすすめです。

テクロ株式会社

テクロ株式会社の特徴は下記のとおりです。

  • BtoB企業に特化している
  • SEOマーケティングに強い
  • マーケティング施策の立案から実行までを任せられる

当社は「社内のリソースが不足している…」という企業に向けて、戦略立案から実行までのプロセスを一手に請け負っています。1年で1万だったWebサイトのPVを132万まで引き上げた実績もあるため、Webサイト運営に課題がある企業におすすめです。

また、テレアポやオンライン広告に依存していて、ゼロからWebマーケティング体制を作りたいという企業の利用にも向いています。

フォーデザイン株式会社

フォーデザイン株式会社の特徴は下記のとおりです。

  • 各施策のプロ」が顧客と共に伴走しプロジェクトを推進
  • クライアント企業の課題と必要性に応じて施策実施の検討からKPI/予算設定、実施/改善までをワンストップが可能
  • 自社のマーケターなどリソース不足に悩まれているクライアント企業に向いている

当社は、クライアント企業の課題に合わせ、ネックとなっている施策の改善を「伴走形式」でおこなっています。クライアント企業の課題と必要性に応じて施策実施の検討からKPI・予算設定、実施・改善までをワンストップで行えるのが強みとしています。

SEO・オウンドメディア運用だけでなくWEB広告運用や記事制作代行も行っており、クライント企業の「本質的な課題」を解決し、無駄なコストを発生させることなく、社内に優秀なマーケターを抱えずに、プロジェクトの推進を行うことができます。

株式会社CREXiA

株式会社CREXiAの特徴は下記のとおりです。

  • D2C・通販領域の企業に特化している
  • SEOマーケティングに強い
  • 戦略立案から実行・各種クリエイティブ制作まで全てを任せられる

同社ではGoogle広告・Yahoo!広告・各種SNSの広告など広告運用を中心にWeb集客の支援を行っています。特にD2C・通販領域に強く記事LP・漫画記事LP・LP制作・静止画及び動画クリエイティブなど幅広い実績があります。

また、各種広告運用の代行だけでなく、Web担当者代行やインハウス化教育など幅広い支援を行っている点も特徴です。

合同会社PENGIN

合同会社PENGINの特徴は下記のとおりです。

  • BtoBマーケティングに精通している
  • 成功のナレッジを蓄積し事業成長を支援
  • 一気通貫での伴走型支援

同社ではサイト制作から公開後のサイト分析、SEO対策などのマーケティングサービスを一気通貫で提供しています。「目的」と「目標」を言語化して明確にし、自社事例や競合事例などを分析しながら、マーケティングの成功確度を高めています。

施策を実行するリソースがないといった企業やコンバージョンになかなかつながらないといった企業などにおすすめのデジタルマーケティング企業です。

株式会社クロスバズ

株式会社クロスバズの特徴は下記のとおりです。

  • 小規模事業者にもおすすめの少額リスティング運用プランがある
  • 契約縛りもないのでいつでも広告を停止できる
  • ランディングページのストーリー設計が得意

同社では制作からマーケティング、集客までを確実にターゲットの獲得をおこないます。行動経済学を取り入れたブラックマーケティング方式で、ランディングページを設計しているので効率的に集客が可能です。

クリエイターと依頼者をマッチングするサイトも運営しており、ランディングページのデザインは漫画LP〜記事LPまで幅広く制作が可能となっています。

株式会社フルスピード

株式会社フルスピードの特徴は下記の通りです。

  • 売上などのビジネス成果を見据えたマーケティング戦略が得意
  • SEO / SNS / 運用型広告 / アフィリエイト広告など多種多様なマーケティング施策を取りそろえるWEB広告総合代理店
  • Meta社、LINE社、X社など各種SNS広告認定代理店であり、広告品質に関する認証マークを多数保有

当社はSEOに関する実績は5,500社以上、SNSに関する実績は1,000社以上、運用型広告に関する実績は4,000社以上と各ジャンルにおいて幅広いの実績があります。

課題や状況に合わせて、代行業務・コンサルティング・インハウス化教育など幅広い支援を提供しております。

EzONE

出典:EzONE

EzONEの特徴は下記の通りです。

  • 企画設計~開発、運用まで一気通貫対応
  • 公開後の運用コスト削減サポート
  • フレキシブルな構造設計

当社はWebサイトの制作をメインに、ビジネス課題の解決までWebに関するお悩み事の身近な相談役として、サポート体制ができています。

中小企業を中心にWebサイト制作をおこなっており、各企業の課題や目的に合わせた対策を実施しています。サイト制作に限らず、会員システムの開発などの実績もあり、サービスは多岐にわたっています。

株式会社だんきち

株式会社だんきちの特徴は、以下の通りです。

  • ビジネスの目的に合わせたデザインを採用
  • IT導入補助金の相談も可能
  • 充実したサポート体制で運用も安心

Web制作から制作後のプロモーションまでをトータルサポートしています。SEO対策やWeb広告運用などのWebマーケティングを全般に、ドローン撮影や動画撮影、アニメーション動画の制作なども幅広く取り扱っています。

DeNAや東京ドームなど大手企業の実績も豊富で安心して依頼できるでしょう。

株式会社NEXER

株式会社NEXERの特徴は、以下の通りです。

  • 判走型パートナーとして企業の成長に貢献する
  • デジタルマーケティングにより、新たな価値を提供する
  • 業界トップクラスのSEO技術を提供

株式会社NEXERは、SEO対策をはじめ、Webブランディングやインターネットリサーチなど、デジタルマーケティング全般のサービスを提供しています。

また、当社が長年培ってきたSEOやマーケティング知識を活かし、下記のサイトを運営しているので、SEOやリサーチなどで悩んでいる方は、こちらも読んでみてください。

株式会社codex

株式会社codexの特徴は、以下の通りです。

  • Webサイトの企画・設計~運用保守までを一気通貫で提供
  • アプリやシステムの開発、運用で効率化を図る
  • 所属フォトグラファーによる写真、動画撮影

株式会社codexは、Webサイトの制作をメインに、マーケティングやアプリ、システムの開発・運用などもおこなっています。

また、写真や動画などの撮影、制作にも力を入れているので、企業向けのプロモーションムービーやパンフレット用の写真撮影なども提供可能です。企業ブランディングなどを強くしたい方は、問い合わせてみてくださいね。

株式会社ブランディングワークス

株式会社ブランディングワークスの特徴は下記のとおりです。

  • 「固定月額制」や「期間縛り」を行わない支援スタイルでSEOを支援
  • ご希望分だけサポート!無駄な継続提案なし
  • SEO以外の選択肢も視野に柔軟な提案をしてくれる

株式会社ブランディングワークスはSEOコンサルティングやコンテンツマーケティング支援を主軸に事業展開している会社です。事業者支援の他、ファンローカルファンワークわんぱくライフと、直接メディア運営にも携わっています。

また、SEOのみならず、広告、SNS、アフィリエイトなど、Webマーケティングの幅広い手法に対しても支援しています。

まとめ

本記事では「Webマーケティングの種類」「具体的なWebマーケティングの手法」などを紹介しました。

この記事のまとめ
  • WebマーケティングはSNSなどを活用したデジタルマーケティング手法
  • 目的によって最適なWebマーケティング方法を選ぶ
  • 効果が出やすいWebマーケティングは6種類ある

Webマーケティングを自社に導入することで、さまざまな課題の解決につながります。しかし、Webマーケティングには、さまざまな種類・手法があるため、自社にもっともマッチしたやり方を選ぶ必要があります。

また、Webマーケティングは専門性が高いため「課題はわかるけど何から取り組めばよいのかわからない」という人も多いでしょう。そういった人は、まずTHINkBALにご相談ください。

集客からブランディングまで企業の課題を解決するWebコンサルティング

Webコンサルティング 資料画像

効果的なWebマーケティングで最短で成果を出しませんか?

Webコンサルティングなら
THINkBALにお任せください

著者
Digital Magazine editorial departmentDigital Magazine 編集部
Digital Magazineの企画・執筆・編集をしています。Webサイト制作、UX/UIデザイン、コンテンツマーケティング、SEO対策、SNS運用、広告運用に強みを持ったメンバーが、デジタルマーケティング全般の最新情報やノウハウをわかりやすくお届けします。
監修者
Miyazaki Norifumi宮崎 典史
THINkBAL代表。Web制作会社でWebサイト構築を学び、株式会社電通に出向。ナショナルブランドのWebサイトを数多くプロデュース。担当領域は、Webコンサルティング・戦略立案・プロジェクトマネジメント・UXリサーチ・情報設計・制作ディレクション。