Web制作会社 THINkBALがデジタル全般の情報をお届けするデジタルマガジンです。東京と埼玉を拠点としたWeb制作会社|株式会社THINkBAL
コンテンツマーケティング
Update: 2023/10/26

コンテンツマーケティングの効果的な進め方とは?3つの成功事例も紹介

顧客獲得に有効な手段として認知されているコンテンツマーケティング。複数のコンテンツを組み合わせることにより、幅広い施策が実施でき、効率的にマーケティングを進められます。実際にコンテンツマーケティングを実施したことで、業績アップに成功した企業も少なくありません。コンテンツマーケティングは、当記事で紹介するポイントをおさえておくことが大切です。

企業のマーケティング担当者様は理解を深めておきましょう。

  • コンテンツマーケティングをおこなう理由をわかっていない人
  • コンテンツマーケティングの正しい進め方を知りたい人
  • コンテンツマーケティングの成功例を参考にしたい人
コンテンツマーケティングのプロが貴社のお悩みを解決します!
データ分析、UX/UI設計に基づく戦略とデザインで伝えたい価値を伝わるカタチに。
ビジネス成果に貢献するコンテンツマーケティングを提供します。
\まずは無料相談!2営業日以内に返信/
コンテンツマーケティングの相談をする

コンテンツマーケティングをしたほうがよい理由

ブログを作成しているイラスト

マーケティングにはさまざまな手法が存在しており、それぞれに特徴があります。状況に応じて適した手法を用いることで、効果的なマーケティングが実施可能です。コンテンツマーケティングをしたほうがよい理由としては、下記のものが挙げられます。実施したほうがよい理由を知っておくことで、効果的な施策が実施できるでしょう。

なぜコンテンツマーケティングをしたほうがよい?
  • コストがかからず参入ハードルが低い
  • コンテンツは掲載期限がなく資産になる
  • 自社をブランディング化しファンを獲得できる

コストがかからず参入ハードルが低い

コンテンツマーケティングは、低コストで開始できるのがポイントです。オウンドメディアの構築からすこしずつ始められるため、人的なコストのみでプロジェクトをスタートできます。マーケティングをおこなうときは、広告宣伝をするのが基本です。しかし、Web広告などを利用すると、使用する媒体へ広告費の支払いが生じます。成果を出すためには、月に数十万円ほどかかるケースもあるでしょう。

一方、コンテンツマーケティングはメールマガジン、ブログなどの記事コンテンツでオウンドメディアを構築していきます。即効性には期待できませんが、作成費のみで済むため、初期費用をおさえることが可能です。ある程度の予算が確保できたら、計画的にWeb広告を併用していくとよいでしょう。

コンテンツは掲載期限がなく資産になる

コンテンツマーケティングは、ストック型ビジネスとも呼ばれるものです。作成したコンテンツは、自社の財産として貯蓄できます。Web広告などでは、掲載期限が設定されているのが一般的です。どれだけ良い広告を制作しても、掲載期限が切れてしまえば、作成したものは消えてしまいます。対するコンテンツマーケティングは掲載期限がないため、永続的に公開が可能です。

Webマーケティングでは、コンテンツが多いほど集客で有利に働きます。コンテンツが多ければ多いほど、流入経路が増えることになるためです。仮に商品紹介の記事が100作品あるとすれば、100記事すべてが資産として残るため、それぞれの記事で集客をおこなえます。

自社をブランディング化しファンを獲得できる

コンテンツマーケティングは、自社のブランディングにも有効です。ユーザーにとって価値のあるコンテンツを目的としているため、自社の信用性向上につながります。コンテンツマーケティングで重要となるのは、「ユーザーに有益な情報」の掲載です。ユーザーが自社コンテンツを有益だと感じれば、「このメディアは役に立つ」と思ってくれるでしょう。こういった信用を積み上げていくことで、リピーターとなってくれることにも期待できます。

さらに、信頼関係を構築するなかで、自社のアピールしたい部分を伝えれば、任意のイメージを与えられるでしょう。ユーザーが自社へ愛着を持ってくれる可能性もあるため、顧客ロイヤルティの獲得も見込めます。

ブランディングのメリットについては下記の記事にて詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

SNSと相性がよく効率的なコンテンツ発信が可能

コンテンツマーケティングは、良質でユーザーの有益なコンテンツを作成するのが目的です。ユーザーの信用も獲得しやすいため、SNSとの相性が良いとされています。人間は自分が良いと感じた商品やサービスに関して、他人と共有したくなるものです。近年ではTwitterやFacebookをはじめとするSNSの普及により、他人との共有もしやすくなっています。

SNSによる共有は「拡散」と呼ばれ、情報に共感した人を通じて一気に広まっていく傾向にあります。SNSの拡散を活用することで、効率的なコンテンツ発信が可能です。ただし、拡散をしてもらうためには、ユーザーが共有したいと思えるようなコンテンツを作成する必要があります。自社でもSNSを運用し、魅力的なコンテンツを発信すれば、より拡散してもらいやすくなるでしょう。

コンテンツマーケティングの進め方

コンテンツ制作の流れ

コンテンツマーケティングを進めるときは、適切な手順で実施することが大切です。適切な手順で実施すれば、制作がスムーズにおこなえます。加えてコンテンツのメリットを活かすことができるでしょう。コンテンツマーケティングは、下記の手順で進めていきます。

手順
  • ペルソナを設定
  • 目標(KPI)を設定
  • チームや組織の編成
  • スケジュールを設定
  • マーケティング手法を決める
  • コンテンツのコンセプトを固める
  • コンテンツの作成
  • 効果測定を実施

ペルソナを設定

コンテンツマーケティングを開始するにあたり、まずはペルソナを明確に設定することが重要です。ペルソナをより明確に設定することで、ユーザーのニーズにマッチしたコンテンツの制作が可能となります。価値観は個人ごとに異なるため、大まかなペルソナの設定ではニーズとずれてしまう可能性があります。

そもそもコンテンツマーケティングは、潜在顧客を最終的に新規顧客へと誘導するものです。ユーザーのニーズとなる潜在的な悩みを把握することで、ニーズにマッチしたコンテンツを制作できます。ペルソナは、最低でも下記の項目を満たすように設定しましょう。

  • 性別・性別
  • 仕事
  • 生活スタイル
  • 趣味や趣向など思考について
  • どのようなストレスや悩みをもっているか

上記項目と併せて自社に関連する項目を加えることで、自社サービスに適したペルソナの設定ができるでしょう。

目標(KPI)を設定

コンテンツマーケティングを進めるときは、目標を(KPI)を設定しておくことが大切です。目標が定まっていないと効果的な施策が実施できず、自社が望む成果にもつながりません。コンテンツマーケティングは、長期的な取り組みが必要となるものです。目標が明確に定まっていないと、現在の進捗状況を把握できません。状況を把握できなければ、効果的な改善施策の実施も難しいでしょう。

結果的には、当初の目的とずれてしまう可能性があります。コンテンツマーケティングで成果を出すためには、数値化した目標(KPI)を設定しましょう。数値で設定すればチーム内で共有がしやすく、チームワークの向上にもつながります。チームワークが向上することで、効率よくマーケティングが進められるため、目標も達成しやすくなるでしょう。

チームや組織を編成

目標の設定が完了したら、マーケティングを実施するためのチームや組織を編成します。編成方法は企業やプロジェクトによって異なりますが、下記のような人員で構成されるのが一般的です。

役職役割
プロデューサープロジェクトの全体的な戦略を考える
マーケターコンテンツの運用、分析、改善などの施策をおこなう
ディレクター戦略に沿って、制作を進める
デザイナーWebサイトのレイアウト、デザインをおこなう
ライターコンテンツの執筆、編集作業を担当する
エンジニアWebサイトの構築、コンテンツの実装・改善をおこなう

上記は一般的な編成例ですが、プロジェクトの規模や難易度によって、必要となる人員が変わります。また社内で編成が難しい場合には、業者へ外注する企業もよく見受けられます。

スケジュールを設定

コンテンツマーケティングは、成果を出すまでに時間を要するものです。プロジェクトの規模やサービスによっては、数年単位で実施されるケースも少なくありません。成果を挙げるためには目標達成に向け、適切なスケジューリングをおこなうことが大切です。スケジュールを設定するときは、ゴールまでの全工程の洗い出しからはじめ、チームで共有できるよう可視化します。そのあと、洗い出した工程を具体的なスケジュールとして、作業項目ごとに落とし込んでいきましょう。

マーケティングではタイミングが重要となることもあるため、工程ごとに締め切りを設けておくことがポイントです。タイミングが遅れてしまうと、思うような効果が得られない可能性もあるため、作業が遅れないよう余裕をもったスケジュールを立てましょう。

マーケティング手法を決める

コンテンツマーケティングで成果を出すには、多くの顧客に自社コンテンツを認知してもらう必要があります。そのためスケジュール設定が済んだあとは、自社コンテンツを広めるためのマーケティング手法を決めましょう。主なマーケティング手法としては、下記のようなものが挙げられます。

【SEO対策】

Googleなどの検索エンジン に対する施策です。検索上位にコンテンツを表示させることで、ユーザーとの接点を増やせます。

【プレスリリース】

マスコミなどに企業の情報を発表することです。自社以外のメディアを活用することで、ユーザーの信用性を高める効果に期待できます。

【Web広告】

Web上にある広告を活用したマーケティング手法です。費用をかければ、即効性にも期待できます。

マーケティング手法には、上記以外にもSNSマーケティングなどが挙げられます。それぞれに特徴があるため、自社に合ったものを選びましょう。

Web広告の選び方について下記の記事にて詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

コンテンツのコンセプトを固める

コンテンツマーケティングでは、コンテンツを継続的に発信するため、コンテンツのコンセプトを固める必要があります。コンセプトは、コンテンツマーケティング全体の軸になるものです。明確に固めておかなければ、コンテンツの品質低下にもつながりかねません。コンセプトを決めるときは、「だれに・何を・どのような方法で」などを明確に設定しましょう。

たとえばお肌をケアできる商品の販売を目的とするのであれば、下記のようになります。

  • 肌荒れに悩む20代女性(だれに)
  • 肌荒れに効果的なクリーム(何を)
  • ブログ記事で情報を発信し流入を図る(どのような方法で)

設定したコンセプトは「自社のノウハウを活かせているか」、「ペルソナのニーズにマッチしているか」などを確認してみましょう。

コンセプト設定の事例について下記の記事にて詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

コンテンツの作成

コンセプトの設定が終わったら、実際にコンテンツの作成をおこないます。良質なコンテンツを作成することで、より効果的なマーケティングが可能です。自社がアピールしたいことを一方的に伝えるようなコンテンツでは、ユーザーに有益性を感じてもらうことはできません。ユーザーが課題を解決できないようであれば、良質なコンテンツとはいえないでしょう。

良質なコンテンツを作成するには、ペルソナで設定したユーザーが課題を解決できるような、内容を掲載する必要があります。加えてユーザーにきちんと情報を届けるには、コンテンツのユーザビリティも重要です。ユーザーが読みやすいボリュームか、使いやすいページになっているかなど、ユーザーが使いやすいデザインにしましょう。

質の良いコンテンツを継続して作成するには、プロに依頼するのがおすすめですが、そこまでの予算が取れない場合もあるでしょう。その場合は、AIで自動生成可能な記事作成ツールの「Transcope」を活用してみましょう。SEOに強く、設定したキーワードやライバルメディアの情報を分析しながら生成が可能です。キーワードの提案から記事作成、編集、順位調査などの分析までが一括でできる仕様となっています。

効果測定を実施

コンテンツを公開したあとは、効果測定を実施します。マーケティングを進めるにあたり、実施した施策が必ずしもうまくいくとは限りません。成果が出ないときは効果測定で分析をおこない、改善策を講じる必要があります。なお、効果測定をおこなうときは、解析ツールを活用するのが一般的です。解析ツールを利用することで、「コンテンツのどこに問題があるか」を数値として洗い出せます。

たとえば解析ツールによってはアクセス数だけでなく、ページごとの滞在時間などのデータを収集可能です。このようなツールを活用すれば、どのページに問題が生じているのかを具体的に分析できます。なお、解析ツールは搭載されている機能がツールごとに異なるため、自社が求めるデータが取得可能なツールを選びましょう。

アクセス解析ツールについては下記の記事にて詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

コンテンツマーケティングで効果が出ない時はどうすればいい?

ブログページを持っている手

コンテンツマーケティングを実施するにあたり、「なかなか効果を感じられない」というケースも少なくありません。うまく進まない状況を放置しておくと、コストのみが膨らんでしまいます。コンテンツマーケティングがうまく進まないときは、原因を特定して改善をおこなうことが大切です。コンテンツマーケティングで効果が出ない場合は、以下の対処をおこなってみましょう。

3つの対処法
  • 効果の出ていない原因を洗い出す
  • 社内リソースが足りていない場合
  • スケジュールどおりに更新できていない場合

効果の出ていない原因を洗い出す

効果が出ていないときは、原因の洗い出しをおこないましょう。効果が出ていない原因にはコンテンツの品質などが挙げられますが、PDCAサイクルを適切に回せていないこともよくあるケースです。PDCAサイクルとは「Plan(計画)・Do(実行)・Check(検証)・Action(改善)」の頭文字を取ったもので、マーケティングでも重要視されています。

コンテンツマーケティングは、コンテンツを公開すれば成果が出るものではありません。公開後に「どのような成果が得られたのか」、「成果につながった理由」などを分析し、改善していくことで継続的な成果に期待できます。こういったサイクルを繰り返すにあたり、目安としてよく活用されるものがPDCAです。

なお、コンテンツマーケティングにおけるPDCAサイクルを計画するときは、以下のポイントをおさえておきましょう。

  • Plan(計画):中長期的な計画の立案
  • Do(実行):計画に沿った施策の実行
  • Check(検証):結果に対する具体的な検証・問題点の洗い出し
  • Action(改善):問題点を解決するための施策を実施

上記を繰り返しおこなっていくことで具体的な原因の洗い出しができ、取り組むべき項目がはっきりします。明確な行動指針をチームで共有すれば、効果的な改善策も見つかりやすくなるでしょう。

社内リソースが足りていない場合

コンテンツマーケティングがうまくいっていない要因としては、社内リソースが足りていないケースもよくみられます。コンテンツマーケティングには、数多くの工程が存在します。品質の良いコンテンツを継続して発信するとなれば、さらに多くの工数が必要となるでしょう。そのためどれだけ計画をしていても、人員が足りないという事態が発生しがちです。

一方、慢性的な人員不足が続く企業では、担当者がメイン業務と、マーケティング業務を兼任しているようなケースも少なくありません。このような状態では、マーケティング業務に注力できず、コンテンツの整備不足などが発生する可能性があります。コンテンツの品質が低下してしまうと、効果的なコンテンツマーケティングを実施するのは難しいでしょう。

どうしても社内でリソースを割けないときは、外注も選択肢の一つです。近年では外注先も豊富になっており、クラウドソーシングサービスで制作を依頼することもできます。

また、制作から運用までを依頼するには専門の企業に依頼するのがおすすめです。企業の実績やサービス内容を確認し、自社の目的に合った企業を選ぶようにしましょう。効果の出るコンテンツマーケティング支援ならTHINkBALへご相談ください。

コンテンツマーケティング会社の選び方については、こちらの記事もあわせてご覧ください。

スケジュール通りに更新できていない場合

コンテンツマーケティングで効果を出すためには、コンテンツを公開するタイミングも重要な要素です。

担当者が他業務を兼任しているケースでは対応が追い付かず、公開や更新のタイミングがずれてしまうことも珍しくありません。成果を挙げるにはスケジュール管理を厳格におこない、適切なタイミングで公開することが大切です。

なお、スケジュール通り公開まで進めるには、シートでガントチャートを組んだり管理ツールを活用したりすると、スケジュール管理がしやすくなります。

効果の出るコンテンツマーケティングの進め方

コンテンツマーケティングをクリックしている男性

コンテンツマーケティングには、効果を出すためにおさえておきたいポイントが3つあります。ポイントをおさえて進めることで、実施する施策の効果を十分に発揮できるでしょう。最終的には、自社が設定した目標達成へつながります。

効果を出すための3つのポイント
  • 競合調査で自社のポジションを設定する
  • 質の高いコンテンツ制作を継続的におこなう
  • KPIの設定を見直しコンテンツを最適化する

競合調査で自社のポジションを設定する

コンテンツマーケティングで成果を出すには、業界における自社のポジショニングが重要です。近年の市場はどこも飽和状態となっており、競合他社も多く存在します。

このような状況で成果を出すには、自社が勝ちやすい領域を見つけることが重要です。成果を出しやすくするためには、コンテンツマーケティングの実施前には競合調査をおこない、自社が勝ちやすいポジションを見つけましょう。

質の高いコンテンツ制作を継続的におこなう

自社のポジションを設定したあとは、継続的に質の高いコンテンツ制作をおこなうために、チーム体制を整えましょう。継続して質の高いコンテンツを制作するには、まずは人員を確保しなければなりません。

その中でも、コンテンツ制作に強い人材を確保できれば、質の高いものを継続的に作成できるようになります。また質の高いコンテンツを増やしていくことで、検索上位にも表示されやすくなるため、流入経路の確保にもつながります。

質の高いコンテンツを更新し続けるには継続的には、突発的なトラブルにも迅速かつ適切に対応できる体制づくりが重要です。人材を確保するときは、経験豊富な方を優先的に起用するなど計画的に進めましょう。

KPIの設定を見直しコンテンツを最適化する

コンテンツを公開し、一定期間運用したあとは目標に対するKPIの分析が大事です。KPIとは中間目標のことを指し、定期的に分析することで現状の把握ができます。KPIを分析するときは、下記のポイントを中心に振り返りましょう。

  • 集客状況
  • リード顧客の獲得状況
  • コンバージョンの獲得状況

上記を中心に分析をおこない、目標達成に近づいていなければ、KPIを設定し直す必要があります。KPIの見直しをおこなったあとは、新たに設定した数値をもとに、コンテンツを最適化しましょう。

課題が多い場合には、「どこから改善すればよいかわからない」と悩む担当者の方も少なくありません。そのようなときは最終的なゴールまでの道筋を振り返り、優先順位を付けて施策を進めることをおすすめします。

成功したコンテンツマーケティングの事例3選

コンテンツマーケティングをうまく進められないケースも多い一方で、コンテンツマーケティングを実施したことにより、業績がアップした企業もあります。

成功した企業には、それぞれに自社の特徴を活かした工夫がされています。成功している企業の事例を参考にし、良い箇所を取り入れることで、コンテンツマーケティングが成功する確率を高められるでしょう。ここでは3社の成功事例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

石鹸百貨|メディアからネットショップへ誘導するサイト設計

石鹸百貨
出典:石鹸百貨

石鹸百貨は、化粧品やアロマグッズなどを販売する企業です。国内外のさまざまな石鹸を扱っており、優れた石鹸としてファンから支持を得ています。運営するオウンドメディアは、わかりやすいレイアウトとなっているのが特徴です。石鹸百貨では、オウンドメディアの検索順位を上げるために、SEO対策を実施しました。

加えてオウンドメディアに訪れたユーザーが情報を見つけやすいよう、コンテンツをカテゴリ分けしたレイアウトを採用。分類を細かく分けることで、ユーザーが求める情報へたどり着きやすいように工夫がされており、最終的にはECサイトへ誘導するサイト設計です。SEO対策による集客だけでなく、ユーザビリティを考慮したコンテンツが、ユーザーからの支持を得た良い例といえるでしょう。

ストウブジャパン|シリーズ動画で既存顧客から新規顧客まで獲得

ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン株式会社は、包丁をはじめとするキッチン用品を取り扱うメーカーです。バリエーション豊富なホーロー鍋「STAUB(ストウブ)」が、多くのファンから人気を集めています。コンテンツマーケティングでは、Instagramでストウブを使用したレシピ動画を配信。

サムネイルには料理の画像とセットで簡単な解説が掲載されており、ひと目みただけでどのような内容かわかるようになっています。また、掲載する動画をシリーズ化しているのもポイントです。動画は短く簡潔ながらも興味をそそられるような内容となっており、新規顧客から既存顧客まで、幅広いユーザーが楽しめるコンテンツとなっています。加えて動画をシリーズ化したことで、定期的な視聴者の獲得にも成功した事例です。

Lidea|コンテンツマーケティングで自社商品の認知を広げる

Lidea
出典:Lidea

Lideaは、ライオン株式会社が運営するオウンドメディアです。自社商品との情報と併せて、生活に役立つ情報を定期的に発信しています。ライオン株式会社は、さまざまな生活用品を販売する企業です。自社商品の認知度を上げるために、コンテンツマーケティングをおこなっています。主な施策としては、さまざまなキーワードでSEO対策を実施。自然流入から訪れたユーザーに生活に役立つ情報を提供することで、ファミリー層の顧客獲得に成功しています。

サイト内ではお役立ち情報に併せて、関連する自社商品を紹介。アプローチが強くなり過ぎない程度に紹介することで、ユーザーに違和感を与えることもなく、商品購入へ誘導がされています。コンテンツと商品紹介のバランスをうまく調整しており、コンテンツマーケティングで、自社商品の認知度を広げることに成功した事例といえるでしょう。

成果の出るコンテンツマーケティングならTHINkBALへ

THINkBAL

コンテンツマーケティングにはさまざまな手法があり、プロジェクトの規模によって必要な社内リソースも変わります。また成果を得るためには時間を要するだけでなく、自社に合ったマーケティング手法の選定なども必要です。自社のみでコンテンツマーケティングの実施が難しいときは、制作会社への依頼を検討しましょう。

制作会社への依頼を検討するときは、ぜひ「THINkBAL」にお任せください。THINkBALではコンテンツ作成をはじめ、Webマーケティングに関する業務を全般的に請け負っています。コンテンツマーケティングでお困りの際は、お気軽にご相談ください。

まとめ

コンテンツマーケティングは顧客の獲得だけでなく、自社のブランディングにも有効な手段です。ポイントをおさえた施策を実施していくことで、成果を出しやすくなります。コンテンツマーケティングを進めるときは、下記のポイントをおさえておきましょう。

この記事のまとめ
  • コンテンツマーケティングは低コストで開始でき、作成したコンテンツは自社財産となる
  • 適切な手順に沿って効率的に実施する
  • うまく進められないときはプロへの依頼も選択肢

コンテンツマーケティングを成功させ、自社の業績アップを図りましょう。

コンテンツマーケティングのプロが貴社のお悩みを解決します!
データ分析、UX/UI設計に基づく戦略とデザインで伝えたい価値を伝わるカタチに。
ビジネス成果に貢献するコンテンツマーケティングを提供します。
\まずは無料相談!2営業日以内に返信/
コンテンツマーケティングの相談をする
著者
Digital Magazine editorial departmentDigital Magazine 編集部
Digital Magazineの企画・執筆・編集をしています。Webサイト制作、UX/UIデザイン、コンテンツマーケティング、SEO対策、SNS運用、広告運用に強みを持ったメンバーが、デジタルマーケティング全般の最新情報やノウハウをわかりやすくお届けします。
監修者
Miyazaki Norifumi宮崎 典史
THINkBAL代表。Web制作会社でWebサイト構築を学び、株式会社電通に出向。ナショナルブランドのWebサイトを数多くプロデュース。担当領域は、Webコンサルティング・戦略立案・プロジェクトマネジメント・UXリサーチ・情報設計・制作ディレクション。