Web制作会社 THINkBALがデジタル全般の情報をお届けするデジタルマガジンです。東京と埼玉を拠点としたWeb制作会社|株式会社THINkBAL
コンテンツマーケティング
Update: 2023/12/12

コンテンツマーケティング会社の選び方のポイント|プロがおすすめの会社も紹介

リード顧客の集客に有効とされる「コンテンツマーケティング」。顧客の獲得をはじめ、自社のブランディングを目的としても活用されています。しかし一般には聞きなれない言葉であるため、よく理解できていないという方もいるでしょう。コンテンツマーケティングを検討するときは、この記事で説明するポイントをおさえておく必要があります。

リード獲得にお悩みの担当者は、ぜひ参考にしてください。

  • コンテンツマーケティングがなにかわからない人
  • コンテンツマーケティング会社への外注を検討している人
  • コンテンツマーケティング制作に失敗したくない人
コンテンツマーケティングのプロが貴社のお悩みを解決します!
データ分析、UX/UI設計に基づく戦略とデザインで伝えたい価値を伝わるカタチに。
ビジネス成果に貢献するWebサイト制作・構築を提供します。
\まずは無料相談!2営業日以内に返信/
ホームページの作成を相談する

コンテンツマーケティングの特徴

Webサイトを検索している人のイラスト

近年、ユーザーは能動的に情報を求めるようになりました。そのため広告やDMで単に企業の情報を一方的に掲載しても、自社が期待する成果を上げるのは困難です。ユーザーに興味をもってもらうには、ユーザーの求める情報を発信する必要があります。そのようなときに有効な手法が、コンテンツマーケティングです。まずは特徴や重要性について、理解していきましょう。

コンテンツマーケティングについて
  • コンテンツマーケティングとは
  • コンテンツマーケティングの特徴

コンテンツマーケティングとは

昨今、インターネットの普及により、消費者の行動は大きく変化しました。新聞やテレビに限らず、WebサイトやSNSから情報を取得する方も増えています。このようなWebメディアは、自分の知りたい情報をピンポイントで収集できることが特徴です。不要な情報を省くことができるため、効率よく情報を集められます。

しかし、自分の知りたい情報以外は、認知することさえできません。このような状況のなかで企業が自社製品を知ってもらうためには、顧客との接点を増やす必要があります。接点を増やすにあたり、注目されている手法がコンテンツマーケティングです。自社製品との関連性がある項目からアプローチすることで、購入が期待できる顧客と接する機会を確保できます。

コンテンツマーケティングの特徴

コンテンツマーケティングとは、マーケティング手法の一つです。読者にとって価値のあるコンテンツを発信し、顧客ニーズの育成をおこなうことで、自社のリピーターとして定着させることを目指します。「潜在顧客」へのアプローチをおこなうことが特徴です。自分のニーズに気付いていない顧客に対して、コンテンツを通して自社を認知してもらい、段階的に購入へと導きます。

潜在顧客は特定の分野に悩みや不安を感じつつも、自分でも具体的には気づいていない状態です。ニーズに対する自覚もないため、こちらからきっかけを与え、まずは自らのニーズを認識してもらう必要があります。

また、潜在顧客は自社の製品を知らない状態でもあるため、ニーズに気付いたあとには、自社製品を認知してもらうことが必要です。そのためアプローチをおこなうときは、自社の製品と結び付けた情報を発信しましょう。

コンテンツマーケティングをやるなら内製?外注?

PCでいろんな業務をしている人

コンテンツマーケティングをおこなうときは、まずはオウンドメディアの制作などが必要です。オウンドメディアを制作する際には、大きく内製と外注の2つの方法があります。内製は自社で制作を進めるのに対し、外注は制作会社などに制作を依頼します。それぞれに特徴があるため、ポイントをおさえておきましょう。

内製

内製とは、社内のみでオウンドメディアを制作、運用をすることです。企画や編集、執筆などのコンテンツ制作の作業もすべて自社でおこないます。内製をおこなうメリット・デメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

メリット

【オウンドメディア制作のノウハウを自社に蓄積できる】

コンテンツの制作には、さまざまなスキルが必要です。なかにはコーディングやデザイン、ライティングなどのように、専門的な知識とスキルを要するものもあります。内製ではこれらの作業をすべて社内でおこなうため、その経験やノウハウは自社に蓄積されます。高度なスキルをもつ人材を育成できれば、自社の強みとなるでしょう。

また企画から効果測定、改善まで自社でおこなう場合には、マーケティング力の向上にもつながります。コンセプトやターゲットを設定し、制作のプロセスを繰り返しおこなうことで、マーケティングに必要なスキルの習得が可能です。

【作業の効率化が図れる】

内製は社内のみで制作を進めるため、外部とのやり取りが必要ありません。制作を進めるのに必要なやり取りは社内のみでおこなうため、スピーディに作業を進められます。外注の場合、軽微な追加や修正であっても、業者とのやり取りが必要です。

デメリット

【体制が整うまでは大量生産が困難】

これから内製をおこなう企業では、少人数からスタートするケースがほとんどです。企業によっては制作担当者が、ほかの業務と兼任せざるを得ないこともあるでしょう。このような状況では、コンテンツを短期間で多く生産することはむずかしいでしょう。

メディアの運営においては、公開前にコンテンツを大量にストックする手法がよく用いられています。あらかじめコンテンツをストックしておくことで、定期的な情報の発信が可能となり、次のコンテンツを制作する時間が確保できます。しかし内製では体制が整うまで、このような手法は取れません。制作が完了したコンテンツから、順次公開していくことになるでしょう。

【学習コストが高い】

効果的なコンテンツを制作するには豊富な経験とスキル、深い知識が必要です。ただし専門的な知識やスキルを社内のみで習得しようとなると、時間がかかってしまいます。加えて社内に専門的な知識をもつ人材が全くいない場合には、講師などを手配する必要も出てくるでしょう。外部に講師を依頼するとなれば、当然ながら費用がかかります。

このように学習コストが高いことも、内製におけるデメリットの一つです。コストを抑えたいときには、あらかじめ専門的な知識を有する人材を確保しておく必要があります。

外注

外注とは、その名のとおり外部にオウンドメディア制作やコンテンツの企画、執筆校正などを依頼することです。依頼する範囲は、目的や企業によって異なります。外注をするメリット・デメリットには、以下のようなものが挙げられます。

メリット

【社内の負担が少ない】

外注のメリットは、社内の負担が少ないことです。企画やコンテンツ作成など、制作に必要な作業を外部に委託できるため、社内でおこなう作業を減らせます。従来、コンテンツマーケティングでは、制作と運用を含めると多くの工数が必要とされます。それを社内のみで対応するとなると人員をはじめ、確保すべきリソースは決して少なくありません。

外注をおこなうことで、メディア制作に確保すべきリソースを減らせます。社員も主力業務に注力できるため、制作に携わる社員の負担も軽減できます。ただし、外注だとはいえ、業者へプロジェクトの丸投げはせずしっかりと携わっていきましょう。自社の魅力をもっとも理解しているのは、企業に従事している人です。コンテンツマーケティングを成功させるには、外注と共に並走して協力していくことが必要です。

【効果的なコンテンツ制作に期待できる】

コンテンツマーケティングの主な外注先は、コンテンツ制作代行会社、SEOコンサル会社、Web制作会社などです。それぞれ特徴はありますが、幅広く対応してくれる会社を選ぶのが良いでしょう。

より良い集客をおこなうには、他社との差別化が必要です。差別化を図るには、自社にしかない強みをコンテンツに盛り込む必要があります。自社の強みを見つけたときは、制作時にコンテンツへ取り入れてもらうようにしましょう。

デメリット

【コストがかかる】

コンテンツマーケティングは、コンテンツの量が必要なことに加えて、制作期間も中長期になりがちです。そのため外注時には、コストが膨らんでしまう可能性があります。外注をおこなう場合、依頼する範囲によって費用が大きく異なります。制作から運用のすべてを依頼するともなれば、数百万円の費用が発生するケースも珍しいことではありません。

コスト面が厳しい場合には、依頼する範囲を検討することが必要です。制作から運用のすべてを依頼するのか、制作のみを依頼するのかなど、依頼する範囲を社内で検討しましょう。

【自社の理想と異なる仕上がりとなる場合がある】

外注をおこなうときは、外注先の担当者と綿密に打ち合わせをおこなうことが大切です。打ち合わせを十分におこなっていないと認識にずれが生じ、自社の理想と異なる仕上がりになりかねません。コンテンツマーケティングにも支障をきたす恐れがあるため、自社のイメージを明確に伝える必要があります。

ずれを最小限に防ぐためには、口頭だけでなく、資料などを活用した打ち合わせをおこないましょう。完成のイメージ図などがあれば、自社の理想により近づけられます。

コンテンツマーケティング会社の選び方

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングを請け負う会社にはさまざまなものがあり、会社によって請け負う範囲や費用が異なります。ただし、請け負う範囲は会社によってさまざまです。コンテンツ制作のみを引き受ける会社もあれば、制作から運営サポートまで一連の流れすべてを請け負う会社もあります。なお会社を選ぶときは、選び方のポイントをおさえておきましょう。

選び方のポイント
  • 自社のオウンドメディアで成功しているか
  • コンテンツ制作後のフォローはあるか
  • 体勢はどうなっているかチェックする
  • コンテンツマーケティング以外のマーケティング知識もあるか
  • 説明がわかりやすい
  • アフターフォローが手厚い

自社のオウンドメディアで成功しているか

コンテンツマーケティング会社を選ぶポイントは、依頼したい会社のオウンドメディアを確認することです。しっかりとユーザー視点でのコンテンツは制作できているか、定期的に更新ができているかなどを見ておきましょう。

自社のオウンドメディアをしっかりと運用できていて、リード獲得できている企業は、依頼後も安心してコンテンツの制作や運用を依頼することができます。

コンテンツ制作後のフォローはあるか

コンテンツマーケティングでは、コンテンツ制作後の運用が非常に重要です。制作後の運用フォローについては、コンテンツマーケティング会社によって異なります。

コンテンツマーケティング会社を選ぶときは、制作を依頼する前に、制作後のフォローについてしっかりと確認しておくことが必要です。

体勢はどうなっているかチェックする

コンテンツマーケティング会社の体制も、選ぶときに重要なポイントの一つです。制作会社のなかには、少数社員で業務を請け負う会社も存在します。

体制が整っていれば統率が取れているため、小規模の会社であってもスムーズに制作が進みます。一方でどれだけ大規模な企業でも、体制が整っていなければ連携ミスが生じてしまい、制作は思うように進まないでしょう。

コンテンツマーケティング以外のマーケティング知識もあるか

マーケティングの種類には、いくつかの手法が存在します。顧客層によって適切なマーケティング手法も異なるため、使い分けることが一般的です。たとえば、潜在顧客にアプローチするのであれば、コンテンツマーケティングは有効です。しかしすでに購入を決めている、「いますぐ客」と呼ばれる層に対しての効果は薄いでしょう。

ほかのマーケティングに対応できない可能性もあります。コンテンツマーケティング会社を選ぶときには、コンテンツマーケティング以外の知識もある会社を選びましょう。

説明がわかりやすい

わかりやすい説明をしてくれるかも、会社を選ぶときに考慮すべき点です。専門用語の多いコンテンツマーケティング施策の説明が分かりにくい場合には、コミュニケーションが円滑にとれません。

本来であれば短時間で済む打ち合わせであるところが、何度も聞き直さなければならず、時間を無駄に浪費してしまいます。メイン業務をおこなう時間も減り、作業効率も悪化してしまうでしょう。公開までスムーズ作業が進むように、説明が分かりやすい会社を選びましょう。

アフターフォローが手厚い

オウンドメディアは、公開後の運用がとくに重要となります。修正や変更が必要となる場合も多いため、アフターフォローの手厚い会社を選ぶことが大事です。とくに自社のみでの修正対応などが難しい場合、問題が発生したとしてもすぐに解決ができません。

一方で、アフターフォローの手厚い会社であれば、問題が発生したとしてもすぐに解決してくれます。常にクオリティの高いサイトを提供し続けることができるため、成果にもつながりやすくなるでしょう。制作会社を選ぶときは、アフターフォローについてもくわしく確認しておくことが重要です。

コンテンツマーケティング会社の選び方についてより詳しく知りたい人は、こちらの記事も併せてご覧ください。

良いパートナーとなる会社はどんな会社?

ブログを書いて売上アップの施策を考えている人

コンテンツマーケティングは、長期的な運用が必要となるものです。そのため依頼する制作会社とは、長い付き合いとなるでしょう。コンテンツマーケティングを成功させるためには、良きパートナーを探す必要があります。良きパートナーになると考えられる会社には、以下のような項目が挙げられます。

良いパートナーになる会社
  • 企業・担当者が経験豊富で知識がある
  • レスポンスが速い
  • 得意分野がある
  • 専門的な内容でも分かりやすく説明してくれる

企業・担当者が経験豊富で知識がある

まずは企業・担当者の経験などが豊富であることです。コンテンツマーケティングは、担当者のアイデアや提案をもとにして制作を進めていきます。経験と実績が豊富な企業や担当者であれば、クオリティの高いものが制作できます。

選択肢のなかに自社の求めるものがなければ、理想的なオウンドメディアの制作は難しいでしょう。とくに市場の変化が激しい昨今では、変化についていくだけのバリエーションが必要です。経験が豊富な企業・担当者であれば、あらゆる経験のなかから、さまざまな提案をしてくれるでしょう。

レスポンスが速い

ビジネス全般にいえることですが、「レスポンスの速さ」も大切な要素です。問題が発生した際、担当者しか概要が分からず、業務を先に進められないようなことはよくあります。

ビジネスではタイミングが重要となる局面があります。レスポンスが遅いと、ベストなタイミングも逃してしまうでしょう。それでは、コンテンツマーケティングも失敗に終わります。制作会社とメールのやり取りをするときなどは、レスポンスにも留意しておきましょう。

得意分野がある

パートナーとなる会社を決めるときは、得意分野があるかもチェックしておく必要があります。昨今、市場は業種を問わず飽和状態です。競合他社も多いことから、特化した分野がないと自社のコンテンツも埋もれてしまい、ユーザーにも認知してもらえません。多くの方に自社を認知してもらうには、他社には負けない特化したコンテンツが必要です。

たとえば医療系のサイトなどは、法律の兼ね合いもある特殊な分野です。掲載する内容は、法律のガイドラインに沿って制作しなければなりません。そのため制作を依頼する会社には、医療に関する知識が求められます。医療系のサイトを得意とする会社であれば、スムーズに制作が進められるでしょう。

専門的な内容でも分かりやすく説明してくれる

どの業界にも、そこでしか通用しない専門的な内容は存在するものです。たとえば法律の場合、弁護士同士では話が通じたとしても、一般の方からすると意味が分からないものも多数あります。このとき法律の専門用語を頻繁に使って説明されても、一般の方は理解できません。意味が分からないことを都度聞き直す必要が出てくるでしょう。

一方で専門的な内容を分かりやすく説明してくれる会社であれば、聞き直す必要がありません。理解が進むため、打ち合わせもスムーズに進み、誤解も生じにくくなります。パートナーとなる会社を見つけるときは、専門的な内容であっても、分かりやすく説明してくれる会社を選びましょう。理解不足によるミスも防げるため、修正なども少なく済みます。

コンテンツマーケティングに強みのあるおすすめ企業6選

コンテンツマーケティングで成果を出すには、この分野で「強み」のある会社を選ぶことがおすすめです。世間ではコンテンツマーケティングに強いとされる会社が存在しており、このような会社は多数の成功実績をもっています。成功事例をもとにしたノウハウを取り入れることができるため、自社のマーケティング活動にも有利に働くでしょう。

おすすめ企業5選
  • 「株式会社イノーバ」
  • 「株式会社NoSHAPE」
  • 「株式会社エコンテ」
  • 「APPMART株式会社」
  • 「株式会株式ウェブライダー」
  • 「テクロ株式会社」

「株式会社イノーバ」

株式会社イノーバは、Webに関する業務を幅広く請け負う会社です。コンテンツの制作をはじめ、サイト制作やマーケティングまで幅広いサービスを提供しています。自社メディアも運営しており、主にマーケティングやWeb開発に関する情報が発信されています。依頼できるコンテンツも幅広く、3,000文字ほどのSEO記事を依頼することも可能です。

ただしSEO記事のみを依頼するときには、株式会社イノーバが提供している「BtoBマーケティング伴走コンサルティングサービス」を導入する必要があります。

なお制作費についてはホームページに記載がないため、電話やメールで問い合わせをおこなう必要があります。

「株式会社NoSHAPE」

株式会社NoSHAPEは、幅広い分野に対応できる会社です。マーケティング領域のリード獲得を得意としており、公告事業など大きく分けて7つの事業が提供されています。分野ごとに経験豊富なディレクターが制作にあたるため、該当する分野に特化したコンテンツの制作が可能です。

コンテンツマーケティングを総合的に依頼することも可能ですが、料金については問い合わせとなっています。

「株式会社エコンテ」

株式会社エコンテは、企業のマーケティング活動を全般的に支援する会社です。集客コンテンツやダウンロードコンテンツをはじめ、幅広いコンテンツ制作をおこなっています。またコンテンツマーケティングでも多数の実績があり、代表的なものではLINEリサーチの記事コンテンツなどが挙げられます。

LINEリサーチが提供する「リサーチノート powered LINE」のコンサルティングでは、調査企画からコンテンツ制作、集計・分析までを株式会社エコンテが担当。コンテンツではセルフレジの普及などに貢献しています。

「APPMART株式会社」

APPMART株式会社は企業の目的に応じた企画立案、コンテンツ制作をおこなう会社です。コンテンツ制作から現状分析まで、コンテンツマーケティングの総合的な支援をおこなっています。対応している分野も幅広く、衣料製品や美容クリニックから、人材サービスまで多岐にわたります。

また、制作実績も豊富。プレイネクストラボ株式会社が運営するビジネスサイト「Talenthubジャーナル」から、株式会社Samuraiが提供する動画サイト「デジマケ・チャンネル」まで幅広いジャンルで実績を残しています。ライトプランではサイト分析からSEO戦略の支援が受けられるようで、内容に応じて10万円から依頼が可能です。

「株式会株式ウェブライダー」

株式会株式ウェブライダーは自社サービス事業と受託事業を幅広く展開している企業です。SEOに強いコンテンツ制作を得意としており、長期にわたり成果の向上の実現に向けたコンサルティングが行われています。

加えて成功事例が豊富なことも特徴です。株式会社ウェブライダーではこれまでの積み上げた深いノウハウを活かし、情報メディアを中心にさまざまな分野で実績を上げています。

「テクロ株式会社」

テクロ株式会社は、BtoB企業に特化して伴走型のマーケティング支援を行っている会社です。SEOの専門家が、KW選定など戦略の部分からSEO記事制作、ホワイトペーパーの制作まで、オウンドメディア運用をまるっと代行します。

運営しているメディアでは、BtoB企業のWebマーケティングに関するお役立ち情報を多数掲載しています。PV数を伸ばすだけで終わらず、問い合わせや資料請求など、リードを獲得するためのコンテンツマーケティングが強みです。料金については、サービス資料をダウンロードしてご確認ください。

コンテンツマーケティングの会社を選ぶ際の注意点

自社の運営をサポートしてくれるコンテンツマーケティング会社ですが、選ぶ際に注意すべきポイントもあります。会社選びに失敗してしまうと、マーケティング活動にも大きな影響を及ぼしかねないため、注意点はしっかりと把握しておくことが必要です。会社を選ぶときは、以下の点に注意しましょう。

3つの注意点
  • プロとしての提案をしてくれるか注意する
  • 制作会社が依頼内容を理解して話し合う
  • 制作実績や自社のメディアで成功しているか確認する

プロとしての提案をしてくれるか注意する

コンテンツマーケティング会社を選ぶときは、どのような提案をしてくれるのかに注意しておきましょう。主に注意が必要なのは自社の課題の明確化、課題に対して適した提案などがきちんとされているかです。たとえば課題を明確に認識できなければ、適切な施策は打てません。提案される改善策も曖昧なものとなるでしょう。

一方、経験豊かな企業では、問題点や課題を明確に洗い出してくれます。提案も数字などを用いて明確におこなってくれるため、適切な改善策を打つことができます。結果としては、効果的なコンテンツマーケティングが行えるでしょう。コンテンツマーケティング会社を選ぶときは、「プロ」としての提案をしてくれる会社を選ぶことがポイントです。

制作会社が依頼内容を理解して話し合う

コンテンツマーケティングを制作会社に依頼すると、担当者が付くことがほとんどです。なかには、担当者のみしか状況を把握していない制作会社もあります。

社内で情報共有がきちんとされ、話し合いが行われている制作会社であれば、依頼内容の誤解が生じにくくなります。さまざまな意見がでるため、提案のバリエーションも増えるでしょう。

制作実績や自社のメディアで成功しているか確認する

制作実績も注意したいポイントです。コンテンツマーケティングの分野は幅広く、得意とする分野も会社によって異なります。そのためコンテンツマーケティングをおこなう際には、自社の求める分野が得意な制作会社を選ぶことが効率的です。

すでにその分野においての実績があるため、効果的な施策の提案にも期待できます。依頼を検討する制作会社があるときは、ホームページなどの制作実績などをチェックしてみましょう。

コンテンツマーケティング施策ならTHINkBALへ

TAHINkBALに相談する

コンテンツマーケティングは集客において、非常に重要です。しかし、コンテンツマーケティングの内容は多岐にわたるため、内製を検討するときは自社でノウハウを習得する必要があります。そうなると、コストと労力も必要となるため、制作会社への依頼も検討してみましょう。

THINkBALは、コンテンツマーケティング支援に限らず企業やユーザーの課題に合わせて、あらゆる方向からの施策をご提案します。Web集客において悩みはあるけど、何をすれば良いかわからないといった企業はぜひTHINkBALにご相談ください。

まとめ

コンテンツマーケティングは自社を知らないユーザーに対して、アプローチする頻度を増やせる有効な手段の一つです。ユーザーが求める情報を提供できれば、自社のリピーターとなってくれるかもしれません。コンテンツマーケティングを実施するときは、下記のポイントをおさえておきましょう。

この記事のまとめ
  • コンテンツマーケティングは潜在層との接点を増やせる効果的な手段
  • 内製と外注ではそれぞれにメリット・デメリットがある
  • 制作会社選びに失敗しないためには注意点を理解しておくことが大切

コンテンツマーケティングを成功させ、より多くのリード顧客を獲得しましょう。

著者
Digital Magazine editorial departmentDigital Magazine 編集部
Digital Magazineの企画・執筆・編集をしています。Webサイト制作、UX/UIデザイン、コンテンツマーケティング、SEO対策、SNS運用、広告運用に強みを持ったメンバーが、デジタルマーケティング全般の最新情報やノウハウをわかりやすくお届けします。
監修者
Miyazaki Norifumi宮崎 典史
THINkBAL代表。Web制作会社でWebサイト構築を学び、株式会社電通に出向。ナショナルブランドのWebサイトを数多くプロデュース。担当領域は、Webコンサルティング・戦略立案・プロジェクトマネジメント・UXリサーチ・情報設計・制作ディレクション。