Web制作会社 THINkBALがデジタル全般の情報をお届けするデジタルマガジンです。東京と埼玉を拠点としたWeb制作会社|株式会社THINkBAL
Web制作
Update: 2023/10/26

Webサイトで思ったような効果が出ていない時の原因と解決方法

Webサイトを運営することは、自社商品やサービスを知ってもらうだけでなく、企業理念に共感してもらう窓口としても多くの人へのアピールにつながります。

  • Webサイトの効果を感じられない人
  • 新規顧客を獲得したい人
  • Webサイトの改善方法がわからない人

ここでは、Webサイトをもつことで会社にとってどのような効果が得られるのかを詳しく説明していきます。

Webマーケティングのプロが貴社のお悩みを解決します!
データ分析、UX/UI設計に基づく戦略とデザインで伝えたい価値を伝わるカタチに。
ビジネス成果に貢献するWebサイト制作・構築を提供します。
\まずは無料相談!2営業日以内に返信/
コンテンツマーケティングの相談をする

Webサイトをもつことでどのような効果が得られる?

いままで対面やチラシ、広告だけで集客していた会社もWebサイトを使ったビジネスモデルを取り入れていかないと生き残れない時代になりました。

ビジネスモデルを組み立てるうえでのWebサイトの効果について紹介していきます。

商品やサービスの売上アップ

Webサイトをもつことでまず考えられるのは、自社商品やサービスを知ってもらうことで、購入につなげやすいという点です。

商品やサービスの詳細についての情報を掲載したり、最新情報を定期的に更新することで新規ユーザーの獲得、既存ユーザーの顧客満足度の向上にもつながります。

新規顧客の獲得・市場の拡大

自社商品やサービスを知ってもらい、興味をもったユーザーが購入に流れるのが理想ですが、購入しなくても認知してもらうだけで今後購入するきっかけにつながります。

対面での営業スタイルよりも、より多くの人に自社商品やサービスを知ってもらい興味をもってもらえる入り口としてWebサイトは大きな役割を持ち新規顧客の獲得や市場拡大を考えられるので自社商品やサービス専用のWebサイトを運用することは大きなメリットと言えます。

顧客満足度の向上

商品を購入したユーザーが使い方に困ったときや再度購入するときのために問い合わせフォームを充実させたり、メルマガなどでユーザーに長期的にコンタクトをとったりすることで、顧客満足度の向上にもつながります。

商品やサービスを利用してもらい終わりではなく、新たな商品やサービスのアピールする場としてWebサイトを最大限に活かすことができます。

Webサイトを作っても効果が出ない理由

自社商品やサービスをアピールし購入してもらうためにWebサイトを作っても実際に大きな効果が出ないときもあります。

事例を見ながら注意点を解説していきます。

制作前の分析調査が不十分だった

自社商品やサービスに合ったユーザーを絞ってWebサイトを構築したつもりでも、いざ運用をスタートしたら反応が悪かった、という事例は少なくありません。

商品やサービスを生み出した視点のみでユーザーを絞り込むのではなく、ほかにどんなユーザー層にもアピールできるのか、SNSやABテストを繰り返して分析調査をおこない、改善しながらWebサイトを運用する必要があります。

Webサイトを構築しリリースして終わりではなく、PV数が悪い原因やCV率につながる改善点を常に模索しながら微調整を繰り返し運用する必要があります。

SEO対策をしていなかった

商品やサービスに合ったキーワードでコンテンツを大量に作ったのでSEO対策は完璧だと満足するのではなく、検索結果で上位表示されるためにほかのWebサイトと自社サイトを比べ足りない点を補いながら運用していく必要があります。

Webサイト運用だけではなくSNSも使い幅広いユーザーへ自社商品やサービスを認知してもらい「使ってみたい」と思ってもらうことが重要です。

「使ってみたい」と思うユーザーがどんなキーワードで検索をして自社サイトへ辿り着くのか逆算してSEO対策をしていく必要があります。

現状の効果検証と改善を怠っていた

商品やサービスを利用してもらうだけではなく、一度サイトに訪れたユーザーが再度訪れるようにサポートや新商品のリリース情報を常にアップデートする必要があります。

現状の自社サイトから安定して収益を得ているから終わりではなく、なぜ上手くいっているのか?なぜ上手くいかないのか効果検証と改善を常に繰り返す必要があります。

上手くいってない場合にはモニターにより実際に商品を使ってもらった感想や改善案を出してもらう。商品やサービスの違った切り口があるかもしれない。など常に可能性や課題を出し続ける必要があります。

効果的なWebサイトとは?

Two professional programmer cooperating and working on web site project in a software developing on desktop computer at company, codes and typing data code, Programming with HTML, PHP and javascript.

Webサイトが収益や売上につながる為に必要なポイントを3つ説明していきます。

効果的なWebサイトに必要なポイント3つ
  • Webページの構造がわかりやすくユーザーが行動しやすい
  • ユーザーの欲しい情報が見つけやすいデザインである
  • 頻繁に更新がされており常に新しい情報が手に入る

Webページの構造がわかりやすくユーザーが行動しやすい

自社商品やサービスをサイト上でしっかり理解してもらいたい、という思いからメッセージを詰め込み文字ばかりになってしまう。自社サイトに訪れたユーザーが次にどんなアクションをすればよいのか分かりにくい。そのようなサイトは商品やサービスを購入する前にユーザーの離脱につながります。

  • ひと目で商品やサービスの情報がわかる
  • 一行でメッセージを伝える
  • 購入ボタンがわかりやすい
  • 問い合わせしやすい

このように自社のWebページに訪れたユーザーが行動しやすい構造が購入や問い合わせに流れやすくなります。

ユーザーの欲しい情報が見つけやすいデザインである

検索結果からユーザーが自社Webページに訪れても欲しい情報がなかなか見つからない場合には離脱につながります。訪れたユーザーが欲しい情報がスマホ画面なら一画面で表示される工夫し言葉を削る、購入までのアクションを減らすなどユーザーが利用しやすいページデザインを意識しましょう。

頻繁に更新がされており常に新しい情報が手に入る

一度訪れたユーザーが再度訪れたときに新しい情報が更新されている状態を保つことで実際に購入につながらなくても見込み顧客として未来の顧客へとつながります。

自社Webサイトをリリースした後に自社内で運用とサポート、コンテンツを作り続けることが難しい場合にはWebサイト構築からSEO対策と調査、コンテンツリリースをすべて手がけるプロフェッショナル集団のTHINkBALなら効果的なWebサイトの提案ができます。

Webサイトで集客や問い合わせなどの効果を出す方法

Webサイトから集客や問い合わせにつなげたいときに効果的な方法を3つご紹介します。

SEO対策をする

自社商品やサービスに関するキーワードで検索されたときに上位に表示されることはユーザーからすると価値のある商品・サービスという認識になり、PV数が上昇します。

PV数が多ければ商品やサービスを購入するCV率も自然と上がるため、検索サイトで上位に表示されるためのSEO対策をおこなうことは重要です。

ただ関連するキーワードの記事を量産すればよいだけではなく、同じ商品やサービスをちがった切り口で訴求する能力も必要です。

このような総合的なSEO対策ができる知識を社内で育成することは難しいのでプロフェッショナルに外注することも検討しましょう。

問い合わせフォームを改善する

自社サイトに辿り着いたユーザーが商品やサービスを購入する前に問い合わせたいときに利用する問い合わせフォームを見直すだけでCV率の上昇につながります。

問い合わせフォームに記入する情報が多すぎると「面倒くさい」と感じ離脱につながりますが、記入する情報が少なすぎると購入に至らなかった場合に自社商品やサービスの新商品の情報を送ることで興味をもってもらえる可能性を手放すことにもつながります。

ユーザーが記入しやすく負担に思わない最低限の情報を問い合わせフォームに反映する、一度作って終わりではなく改善を繰り返すことも大切です。

問い合わせまでの導線を設計する

自社商品やサービスに興味があるユーザーだけが自社サイトに訪れるわけではありません。これから出る新しい情報に興味がある場合もあります。一つの可能性に特化したサイト導線ではなく、あらゆるユーザーニーズを満たすためにも、分かりやすく見やすい問い合わせまでの導線を設計する必要があります。

サイトの問い合わせを増やす施策について下記の記事にて詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

効果的なWebサイトを作成してくれる制作会社一覧

ECサイトや物販など自社商品やサービスに合わせたWebサイトを作成してくれる制作会社を3社ピックアップしご紹介します。

Be Driven (ビードリブン)

Be Driven
出典:Be Driven

WebサイトやECサイト制作、Webマーケティングをおこなう東京都にある会社です。ホームページ制作やLP、ECサイト制作等に幅広く対応し、SNSマーケティングやGoogle広告の最新ノウハウを活用した集客施策をおこなっています。

wordpress、STUDIOでサイト制作し費用は30~50万円ほどです。制作期間は1か月ほどなので直ぐにWebサイトを制作して欲しい方におすすめです。

アパレルのECサイトも手がけているので自社商品の販売を色々なプラットフォームを使って販売したい企業は一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

株式会社これから

Shopifyの新規立ち上げからリニューアルを検討されている方におすすめなのが株式会社これからです。Shopifyの制作だけではなく集客や売上改善までをサポートしてくれるのでECサイト運営が初心者の方でも安心してサポートを任せられる会社です。

12,000件以上の豊富な実績をもつECサイト支援会社なのでShopifyを活用したECサイトを制作後にサイト分析、SEO対策、SNS対策、販促提案などを支援してもらえます。

ECサイトは150万円からランディングページは100万円からなので費用に余裕があり収益に直結するWebサイトの運営を目指している方におすすめです。

株式会社Ryuki design

物販や求人のランディングページ制作をお考えの方に、ランディングページの制作実績が高い株式会社Ryuki designがおすすめです。

大阪市中央区にあるホームページ制作会社で500件以上の制作実績があります。ホームページ上でPC・スマホ版制作、バナー制作、写真撮影など細かく分けられた料金表が見られるため、自社で作れない点だけ任せるなど事前に仕上がりと料金の目安を把握できます。

物販・求人のデザイン料は39,800円からと良心的な金額なのも嬉しいですね。

効果を最大化できるサイト制作ならTHINkBALへ

自社商品やサービスを、もっと広めたい。収益に直結するWebサイトを制作したい。長期的にサイトを運営していきたい。このように企業によってWebサイト制作への思いはさまざまです。扱っている商品やサービスがちがえばキーワードや販促のやり方、ユーザーへのアプローチ方法も変わってきます。

Webサイトを作って終わりではなく、更に商品やサービスを認知させたい。新商品もアピールしたい。段階を踏んで収益と認知を高めるためにも長期的な修正や改善は必要であり、そこまでを含めてサポートできるのがTHINkBALの強みです。

これからSNSも含めたWebサイトの運営を考えている方や既存サイトの改善点を知りたい方、新規でWebサイト制作を考えている方それぞれの問題点や疑問にも的確にアドバイスし自社内で運用できるようにサポートし改善点をご提案できます。

是非一度お問い合わせください。

まとめ

この記事のまとめ
  • Webサイトの効果が出ないのは理由がある
  • ユーザー目線で効果的なWebサイトを制作しよう
  • 効果的なWebサイト制作にはプロにまかせるのもおすすめ

Webサイトを作ったけれど集客や売上に対して効果を感じられずに困っている担当者の方も少なくありません。自社のWebサイトの問題点がわかり修正するだけで収益やPV数に反映されるので自社サイトに直ぐに取り入れられるものを是非試してください。

自社内で運用や修正が難しいときには外部のプロフェッショナルのサポートを受けることも考えてみてはいかがでしょうか?

著者
Digital Magazine editorial departmentDigital Magazine 編集部
Digital Magazineの企画・執筆・編集をしています。Webサイト制作、UX/UIデザイン、コンテンツマーケティング、SEO対策、SNS運用、広告運用に強みを持ったメンバーが、デジタルマーケティング全般の最新情報やノウハウをわかりやすくお届けします。
監修者
Miyazaki Norifumi宮崎 典史
THINkBAL代表。Web制作会社でWebサイト構築を学び、株式会社電通に出向。ナショナルブランドのWebサイトを数多くプロデュース。担当領域は、Webコンサルティング・戦略立案・プロジェクトマネジメント・UXリサーチ・情報設計・制作ディレクション。